ワクワクメールへの入金方法を解説!一番オトクなのは?

ポイント購入時のワクワクメールへの入金方法について

ワクワクメールへの入金方法の種類

ワクワクメールの入金方法ですが、クレジットカード払い、銀行振り込み、コンビニ払い、電子マネー、アプリからの支払いなどが主なものです。

ここで一つ一つ説明していきましょう。

クレジットカードでの入金

クレジットカード払いは最も手軽で素早い方法と言えます。

その場で決済が完了しますし、手数料もとくにかかりません。

クレジットカードのポイントもたまりますのでその分だけお得でもあります。

ただ、当然ながらクレジットカードを持っていない人には使えません。

ワクワクメールはそもそも18歳以上でないと登録できないようになっていますが、クレジットカードの場合は基本的には20歳以上の人で、しかも安定した収入のある人しか持てないようになっています。

両者は多くが重なっていますが、18歳や19歳の人、あるいは安定した収入のないような人は持てませんからこの方法は使えません。

銀行振込で入金

銀行振り込みはその点では利用可能範囲が広いです。

クレジットカードを持っていないという人でも近くに銀行のATMが無いということはまずないでしょう。

別に銀行の口座を持っている必要はなく、振り込みのできるATMが近くにあれば問題はありません。

今では銀行の支店などに行かなくてもそれこそコンビニやスーパーなどにもATMは設置されていることが多いですし、口座を持っていればインターネットから振り込みができる銀行も多くなっていますから、問題は少ないでしょう。

ただし振込手数料がかかります。

また、振り込み手続きは平日の午後3時までであり、それを過ぎると翌営業日の午前9時まで入金にはなりません。

つまりワクワクメールのポイントに反映されるのがそれだけ遅くなるということでもあります。

コンビニ払いで入金

コンビニ払いは、近くにコンビニがある人にとっては便利かもしれませんが、それでもコンビニまで出かけて行く必要がありますし、もちろん入金処理が完了するまではある程度の時間がかかります。

さらに手数料もかかり、他の方法では難しいという人でない限りはあまりお勧めできる入金方法ではありません。

電子マネー決済で入金

電子マネー決済は素早さという点では大いに有用です。

これもその場で決済が完了し、わざわざどこかに出かけて行くという手間がかかりません。

ただし対応している電子マネーを持っている必要があります。

アプリからの決済というのは、iPhoneであればApple Pay、Android携帯であればGoogle Playを使って決済を行うものです。

いずれもそれに対応する決済手段を予め確保しておく必要があります。

方法についてはApple PayやGoogle Playについて調べれば分かるでしょう。

これも、決済手段を既に確保している限りはその場で入金が完了し、どこかに出かけて行って手続きを行うといった必要はありません。

 

このように数多くの入金方法が用意されているのがワクワクメールの良いところです。

自分にあった入金方法を選ぶようにすればよいでしょう。

もちろん、その都度変更するということでも構いません。

まとめ

ワクワクメールでの活動に必要なポイントを購入するときの入金方法について解説しました。

選択肢が多く便利ですが、おすすめはクレジットカードでの入金です。

ワクワクメールは18禁サービスなので、ほとんどの人はクレジットカードを作れる年齢のはず。

ただし18~19歳の未成年でもクレジットカードを作る方法はあります。

ポイントももらえますし、手数料もかからないクレジットカード払いが一番お得なので、ぜひ作成しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です