同棲している彼と倦怠期になって登録【ワクワクメール女性会員の声】

足フェチ男性と出会ってしまった女性会員のワクワクメール体験談

同棲中の彼氏とうまくいっていなかった女性会員の体験談

ネットでたまたま出会ったワクワクメール

出会い掲載をと始めようと思ったきっかけは「退屈だった」からです。

お付き合いをしていた彼氏はいたのですが、同棲していることもあり、いわゆる「倦怠期」というか、お互いに恋愛感情が持てない状況が続いてました。

相手のことを「好きなのかどうかもわからない」感じで、毎日「つまらないな」と思っていたのです。

暇つぶしにネットサーフィンをしていた時に見つけたのが「ワクワクメール」です。

女性無料だったので彼氏に内緒で使い始めました

今までは、出会い系サイトには興味がなかったのですが、女性は完全無料で利用ができることがわかり登録してみることにしたのです。

プロフィールに掲載する写真は、面倒だったので保存してあったものを適当に使いました。

登録したらすぐ数十人からきた「いいね」

世間的に見ても、そんなにかわいいとは思えない私ですが、登録したその日の数十人もの男性から「いいね」が送られてきたのには驚きです。

「もしかして、私はモテルのかもしれない」「モテキ到来かも」と勘違いをしてしまったほどです。

そして、「いいね」をしてくれた男性の中からよさそうな人と連絡を取り合いました。

もちろん、彼氏には内緒で始めたことで絶対に知られてはいけません。

メッセージのやり取りをする中で、好きなアーティストの話題で盛り上がった人と一緒にコンサートに行くことにしました。

酔っ払ってそのままホテルへ・・・

特に、恋愛感情はなかったのですが、コンサートではお互いに盛り上がって楽しい時間を過ごせたこともあり、そのあとで入った居酒屋で酔っぱらってしまった私は、彼に誘われるがままにその日のうちにホテルに行ってしまったのです。

そこで、想像以上の刺激的な夜を味わうことになりました。

足フェチだった相手に幻滅

なぜなら、その彼はマニアックな性癖の持ち主で、挿入をすることなく、ひたすら私の足の指をなめているのです。

最初は「前戯かな?」と思ったのですが、一時間近く足の指だけをなめ回しているので、イライラしてきて相手を突き飛ばして帰ってしまいました。

「なんで帰っちゃうの?待ってよ」という彼の声が後ろからしてきたのですが、完全に無視しました。

帰りの電車の中で「彼はいったい何がしたかったのだろう」と不思議な気持ちになったのですが、それ以上に、「出会い系のサイトには変わった人が多いのかもしれない」と感じました。

もちろん、その後に出会った人たちにも変わった性癖の人はいましたが、セックスをすることなく足の指をひたすら舐める人はこの男性が初めてのことです。

一生に一度、経験するかどうかの貴重な出来事でした。

まとめ

同性までしてる彼と倦怠期になりワクワクメールを使い始めた女性会員の体験談でした。

恋愛感情が感じられないのなら次の相手を探すのは仕方ないですね。

でも慣れ親しんだいまの生活は手放さず彼に秘密でってのが狡猾です。

そしてそんな中で出会った相手は足フェチ。

いい経験になったと思いますが、いまの彼女が新たにワクワクメールで相手を探しているのか、これにこりてやめたのかはわかりません。

良い相手が見つかっているとイイデスネ(棒)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です