withアプリの使い方 4つのポイントを解説

アプリwithの使い方について

withの効果的な使い方とは?

出会いを求めてマッチングアプリのwithを利用する場合、効果的な使い方をマスターすると便利です。

使い方その1 プロフィールの充実

最も重要なことの一つにプロフィールを充実させることがあり、内容が薄いと期待するような反応が返ってきません。

プロフィールはできるだけ詳細な内容で埋めて、その中に興味を引くような言葉を入れるのも効果的です。

具体的にプロフィール情報を豊かにする手法として、背景画像に工夫を凝らしたり、ひとことネタに力を入れることが重要です。

文章やデータを自由に変更できるため、しっかりと記入している人と適当に作成した人とで大きな差が生まれます。

好みカード機能を活用しよう

プロフィール内容にこだわるためにもう一つ押さえておきたいのが好みカードという機能です。

趣味にしていることをアピールできる機能ですので、共通点を持つ相手を探せます。

仲良くなった相手と共通点があるかはとても重要な部分であり、その先の進展度合いにも影響を及ぼします。

できるだけ多くの共通点を持つ相手を探した方が会話も弾みますので、好みカードは上手く活用したいところです。

使い方その2 with開催のイベントに参加

イベントに参加するのも王道の方法です。

イベントとは心理テストのことであり、アプリメニューでさがすを選ぶと、下の方にイベントというアイコンが表示されます。

そのアイコンをタップするとイベントに参加でき、心理テストが受けられる仕組みです。

内容的には2種類用意されていて、いつでもできる性格診断と、時期によって異なるものとに分かれています。

時間はあまりかからない簡単な内容ですので、積極的に参加しましょう。

終わるとその結果を元にして相性の良い相手を勧めてくれて、無料でいいねができるのも大きな特徴です。

使い方その3 検索機能

手っ取り早く相手探しをするために利用するのが検索機能です。

かなり詳細なデータを調べることができ、条件を設定して検索すると人数まで表示されます。

設定できる項目は多岐にわたり、居住地や職業、年収、学歴だけでなく、共通点やタバコ、子供、結婚についても分かるようになっています。

細かく条件を設定できるために、検索機能を賢く利用すれば非常に効率的な相手探しができますし、やり取りが進んだ後に違和感を感じるようなリスクも減らせるのがメリットです。

使い方その4 マッチングアプリ王道のメッセージ機能

メインの使い方はメッセージを送るのが主体となる点は、他のマッチングアプリと同じです。

画像を送れる、共通点を確認できる、初回定型文を利用可能、接し方に関するアドバイスがもらえるのが特徴であり、コミュニケーションは取りやすいと評価されています。

まとめ

出会いを探せるアプリ「with」の使い方を解説しました。

ここではメインとなる4つの使い方を取り上げましたが、さまざまな出会いツールが用意されているwithです。

慣れてきたらほかの機能も使ってみて自分にあったものを見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です