with(ウィズ)で相手にメッセージするときのコツ

withのメッセージ内容の注意点

自分の印象が決まるメッセージが大事!

マッチングアプリwithを利用していてやり取りがなかなか上手くいかない時には、メッセージのコツを押さえる必要があります。

せっかくマッチングできた相手ですので、最初は確実なやり取りに発展するように丁寧な言葉にするのが大切です。

実際に会う前はメッセージでのやり取りによって印象が決まってしまい、乱暴な言葉を使うと不快感を与える恐れがあります。

まずはあいさつとお礼メッセージを!

無難なのは挨拶とマッチングしたことに対してのお礼を述べる方法であり、安心感を持ってもらえるような内容や書き方がポイントです。

共通点を見つけて話題に盛り込もう!

お互いの共通点を探し出して、その部分をアピールすると話が続きやすくなります。

withの特徴として注目したいのが、性格診断イベントや好み機能が実装されていて、気になる相手との共通点を探せる点です。

共通点が見つかったら、その話題を元にして広げていけば良いので楽ですし、質問もしやすくなります。

会話はキャッチボールが大事ですから、1回のやり取りで終わるような内容ではいけません。

やはり何度もキャッチボールを繰り返せるような話題を探すことは、仲良くなるためのきっかけになります。

withの機能「いいね」も意識しよう!

メッセージを添えたいいねを送る手法もチェックしておくべきです。

消費されるのは3ポイント多くなりますが、かなり効果的な方法ですので、既に実践している人も大勢います。

実際にどの程度の差が出るのかを確認すると、おおよそ3倍ものマッチング率になっています。

マッチング率を上げるだけでなく返信率もアップし、スムーズなやり取り開始になることは間違いありません。

2通目以降も慎重に

1通目が上手くいったとしても、2通目で失敗してはその先がありませんので、その後も慎重にしましょう。

最初は挨拶程度の内容ですが、それ以降はお互いのことをより深く知るためのステップに入り、フィーリングが合うかも確かめる必要があります。

相手に良い印象を与えてデートまで発展させるために、聞き上手になることは必須です。

相手の話題には必ず反応を

日常生活でのコミュニケーションと同じで、相手が発信したことに対してきちんと反応することで、相手が更に話したくなって会話を深めることが可能です。

ときには褒めることも忘れずに

褒められれば誰でも悪い気はしませんので、好感を持った部分を積極的に褒めることも忘れてはいけません。

日本人男性は褒め慣れていない人が多いのですが、仲良くなるための一つの手段として覚えておくと便利です。

他の人がやっていない分、このあたりで差をつけることができますし、気持ちの良いやり取りが行えます。

まとめ

withでマッチング率をアップさせるために大事なメッセージ内容について解説しました。

会って話すのとは違って、画面上で文字情報とそれに付随する対応でしか相手を判断できないため、メッセージ内容や返信速度、いいね機能などをすべて盛り込んでライバルに差をつけていきましょう。

画面内とはいえコミュニケーションではどう反応するかは大事です。

目の前に相手がいるかのようにイメージしてメッセージを送りたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です