withで会えない!原因と対処法は?

withで会えない人の原因

実際に会えるチャンスが高いwith

マッチングアプリとは携帯電話を使ってインターネット上から異性の出会いを手助けしてもらえるものであり、手軽に自分の都合に合わせて利用できるところから、幅広い年代で活用されています。

このwithでは基本的な個人情報だけで相手をマッチングしているわけではなく、心理学や統計学を使って出会える確率の高い相手を精査しているので、メールのやり取りだけで終わらず、実際に対面できるチャンスが高いという評判があります。

しかし、どれだけ口コミでいい内容があっても、あえない人もいるのは仕方ないと言えるでしょう。

これは知らない異性と会うというのは意外にハードルが高く、特に女性の場合は警戒心があるので、男性よりも気軽には対面できないという理由が存在しています。

ただ実際には直接会うことができる人もいるのですから、どうして自分が合えないのか原因がわからず、適切な対処法が実行できなくて同じ状況を継続しているという人も少なくありません。

会える人とどうしても会えない人には、どこに違いがあるのでしょうか?

withで会えない人の見直しポイント

メールがなれなれしい

最初に考えられるのはメールの内容が自分の感性と合っておらず、自分が求めている人とは違うと感じてしまうからでしょう。

これはアプリの場合は最初はメールによってやり取りを行いますが、その時の文面が興味を持てない内容であったり、よく知らない相手なのに砕けたような文面にしてしまうことです。

メールというのは文字だけですが現在は通話よりも多く使われているので、受け取る側にもどのような文面がいいのか好みが構築されています。

そこで問題になるのは初めから敬語を使わずに馴れ馴れしい言葉使いで文章を作ってしまうことです。

これは寛容で敬語をメールで使われることに慣れていなければいいのですが、一般的には礼儀が無いと判断されてしまい、会える確率は低くなってしまうでしょう。

そのため、相手から敬語を使わなくていいというような了解をもらえない限りは、敬語を使った文面を続けるべきだと言えるでしょう。

あなたへの興味が持てない内容になっている

相手に興味を持ってもらえない理由で次に多いのは、メールの内容が面白くなく、別の人の方がいいのではと相手が考えてしまうからです。

アプリというのは出会いのチャンスが多くなっているため、自分とは合っていないと判断されると継続が難しくなるという傾向があります。

初めの頃は共通の経験がないので、あらゆる情報を提供してどのような内容に相手が強い関心を持つのか努力する必要があるでしょう。

まとめ

withで会えない人の修正したいポイントについて解説しました。

会えないのは会うまでにマイナスポイントがあるから。

withの場合はメッセージがその理由の大半です。

相手とは初対面のはずなので、常識ある内容や文章になっているのか、たくさんの相手から選べる中であなたを選ぶ価値を感じられるのか、を短いメッセージの中で詰め込まなくてはいけません。

難しく感じるかもしれませんが、最初は丁寧な文章で相手のプロフィールを見て興味がありそうなことに触れていくのが王道です。

なかなか会えない人は、一度自分がおくっているメールを見直してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です