withのブロック機能で面倒な相手にサヨナラ!

ブロック機能が優秀なwith

マッチングアプリwithのブロック機能は優秀で、マッチング前でも後でもこれ以上やり取りをしたくないと感じたら利用が可能です。

そうすると、それ以降嫌な相手と会話をする必要もなくなりますし、それまでの会話の履歴もすべて消える仕組みになっています。

ここに注意!一度ブロック機能を使うと復活はできません

足跡履歴からも相手のアカウントが消えますし、一度ブロックしてしまうと復活させることが出来なくなりますのでその点だけは注意が必要です。

ブロックするときは慎重に!

上場企業が提供している安心して使えるアプリですので、セキュリティ機能が非常に充実しています。

少しあやしいと感じたり、嫌な気分になった時にはブロックは非常に便利な機能です。

しかし、気まぐれで使ってしまうと元に戻すことが出来なくなりますので、今後も連絡を取り合うかもしれない相手の場合は慎重に一時の気まぐれで使わないほうが良い機能です。

withは、有名メンタリストが監修をしている非常に使いやすいマッチングアプリで3秒に一回はカップルが誕生していることでも知られています。

でも、中には会話をしていてもう話をしたくないという人が出てくるケースもあります。

よく考えたうえでこの人とは話したくない、と感じたときには遠慮なくブロックしてしまって構いません。

相手にブロックされることも・・・

逆に、急に相手のアカウントが消えてしまった場合にはされているケースも考えられます。

しかし、確実に確認をとる方法は現在のところではありませんし可能性はありますが、何か不快な思いをさせてしまったことは考えられるでしょう。

この機能は、これ以上話したくない相手に使える非常に便利なものですし、それ以降は絶対に相手の名前が表示されることがお互いになります。

これは、withのセキュリティ機能が優れていることを物語っていますので、安心して使うことができるアプリであることの証明です。

相手にされているかを確認する確実な方法はないものの、目安としては自分のいいねに残っていなかったり、トーク履歴が削除されている場合には可能性が高いと考えられます。

withは安心して使えるマッチングアプリです

マッチングアプリのwithは、24時間の監視体制の下で安心して使うことができるマッチングサービスというのが特徴です。

安全性をたかるためのこうした機能も徹底しているため、少し厳しく感じるかもしれません。

しかし、この機能がついていることで安全性が高まりますので、あやしいと感じた相手はブロックすると良いでしょう。

その後はやり取りを行うことが出来なくなりますので、注意が必要です。

まとめ

withアプリのブロック機能について解説しました。

ちょっと嫌だな・・・と感じた相手はどんどんブロックしてしまいましょう。

ちょっとしたことでブロックしてしまうのはあなたのwith内でのイメージも悪くなってしまう可能性がありますが、失礼な相手、気分良くwithを使えなくなってしまう相手なら問答無用でブロックあるのみ!

ただし逆に自分がブロックされてしまわないよう誠実にやりとりを進めていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です