マッチングアプリですごい性癖の人との出会い!

マッチングアプリにはすごい性癖を持った方がたくさんいます。

今回は、そんなすごい方と出会った方々にインタビューを行いましたので、あなたが出会うかもしれないマッチングアプリでの未来を想像してみてください。

おすすめ出会い系アプリTOP3
出会い系で日本最大級!
ワクワクする出会いをしたいないら1度は利用したいマッチングアプリ!
無料で出会えちゃう!?
無料で恋人もセフレも作れる優良マッチングアプリ!
サイバーエージェント運営で安心!
ご近所婚活・恋活に最適な2021年イチオシのマッチングアプリ!

マッチングアプリで出会ったすごい性癖の人

その1 私がで会った中で、特殊だと思った人はとにかく自分(相手)のことをとにかく貶してほしいと言ってきた人です。ホテルに行った時もドmな行動を積極的に求めてきました。

しかもデートをしてる時は必要以上に露出などをしていました。あとで聞いたところ、誰かに見られたりするのが興奮すると言っていました。

その2 幼い子を見ると興奮する人と数ヶ月前デートに行きました。その人は最初大人しい人かと思っていました。

すると私達の目の前を小学生ぐらいの男の子が通り過ぎていきましたそのとき、女性は鼻息を荒くし、目がめちゃくちゃ怖かったです。

そのあとデートをしてる途中何度か幼い小学生、中学生が通り過ぎると興奮していました。

そのあとホテルに行ったら、幼い顔をした小学生、中学生の画像や動画を30分ぐらい見せてきました。

そしてその人と久しぶりにデートをしたら症状は悪化していて、スマホのホーム画面やアイコンなどが幼い子供の写真になっていました。

あとカバンにも写真がありました。もうやめなよと言ったら少し怒られましたそのあと1時間くらいお互い気まずかったです。

その3 ドsの性癖を持つ人とデートをした時です。

その人は人を見るたびになになにをして痛めつけてやるなどと言ったことを言う女性でした私にもデート中たくさん暴言を吐いていました。

少し怖かったけど、度が過ぎていて逆に怖くなかったです。そしてホテルに着いた途端カバンから縄のようなものやザsm道具みたいなやつをカバンから出してきて私にそれをつけてきました。

抵抗する暇もなくまるでどこかの国の女王様のように命令してきて何もできませんでした。

そしてみっちりsmをして0時頃になった時体はヘトヘトになり少しウトウトして寝てしまっていたら、上から冷たい水をかけられてそのあと少し暑いお湯を顔にかけてきました。

そのあと何するんだよと言ったら、さらに冷たい水をかけてきてなんか文句あると言われ何もいい返せませんでした。

そして朝までsm行為をして相手の人が最後の命令と言ってきて1時間以上かけて歩いて相手の家にいきました。

そのあと僕はヘトヘトだったのでタクシーで帰りました。そして家で寝ていたらピンポーンとインタホーンがなり出てみたら相手の人がいてびっくりして腰を抜かしました。

ですがその人はsm行為をしにきたのではなく僕の忘れ物を届けにきてくれただけでした。

そして相手は私にタクシー代を出せと命令してきて私はまたもや抵抗できず渡してしまいました。そして相手は帰りました。すごく怒涛の1日でした。

その4 コスプレが以上に好きな人です。その人はデートの時もコスプレをしてきました。しかも露出多めの、私は正直言ってデートするのは、やだったのですが凄く良いひとだったのでデートは続けました。

そして夜になりホテルに向かおうとしたらその人は駅前のロッカーに行くと言って20分ぐらい待っているとその人はでかいカバンをもっていました。

そしてホテルに入りましたそして30分がたったぐらいの時に相手のコスプレが変わっていて、どうしたのと聞いたらムードに合わせてコスプレを変えると言ってきました。

その時私はこの子は変態気質があって少し会話からしてメンヘラコスプレイヤーなんだと思いました。そしてその子と先日会った時前よりコスプレがすごくなっていてしかもメンヘラも強くなっていて少しその時は引きました。

その5 最後におじさん好きの子とデートした時です。その子は中年のおじさんが好きと言って私に耳にタコができるほど熱弁して、おじさんが僕たちの目の前を歩くだけで興奮していました。

そして友達は何人くらいいるのと聞いたら同じ世代の人はあまりいないと言っていてLINEを見してもらうとほとんどがおじさんでしたその時僕はゾッとしてしまい今回はホテルに行かずに帰りました。私が体験したやばい性癖の人はこのくらいです。

女性経験が少ない男性で実況中継する性癖を持つ男性との出会い!

あまり女性経験がない男性と出会い、真面目そうだと思って交際をスタートさせました。

話し方も優しいし、金銭感覚なんかも近くて、結婚を意識させる言葉も言ってもらえたので、ホテルに行くことを了承しました。

私としては、女性経験がない男性だから、てっきり私がリードしなきゃいけないのかなと思っていたら、彼は意外にもスムーズにことを進めていきました。

彼を特殊だと感じたのは、その最中です。ボソボソと声が聞こえるので、耳を澄ませてみると、なんと実況中継を始めたのです。

「今、乳首を触ってる。弾力があって気持ちいい。舌で舐めてみる」と、こんな感じなんです。まるで、ヘタな官能小説を聞かされているみたいで、イラッとしました。

なんでそんなことをするのかと聞くと、この方が興奮すると言うんです。

「女の人って、ここ舐めたら感じるんでしょ?スッゴク気持ちよくしてあげるからね」
と、ベロベロと性器を舐め始めたときには、正直、背筋に悪寒が走りました。テクもなんもなく、ただ舐めるだけでは気持ちよくありません。

ですが、彼は露骨に不満そうな顔をして、「早くイッてよ」と言うんです。ムッとしたものの、言葉にはしませんでした。

おまけに、やたらと喘ぎ声を要求するんです。私としては、声を聞かれるのは恥ずかしくて、できるだけ出さないようにしているんですけど、彼はもっと聞かせてと言うんです。

「AVの女の子とか、スッゴい喘いでるじゃん。なんでもっと喘いでくれないの?」落ち着いた大人の雰囲気だと思っていた彼が、いきなり子供っぽくなって、かなり困りました。

彼は、かなりのAVマニアみたいで、私の反応にいちいちダメ出しをしてくるんです。どうやら、あの実況中継はナレーションのつもりだったみたいです。

言葉で実況することによって、更に興奮するらしく、彼は信じられないことに、挿入前に2回もオナニーを始めたんです。

ここでするの?と思うのですが、彼はもう自分の世界に入っているみたいで、私はほったらかしでした。

「言葉で聞くと、興奮するよね。俺の母さんって、ハーレクイン読んでてさ。俺も小さい頃から読んでたんだ」彼は、どうやら行為そのものよりも、言葉や映像で興奮するみたいなんです。

ですが、行為のことを耳で聞かされる私の立場にもなってほしいです。乳首の形がどうのとか、女性器の感想まで言われて、恥ずかしいやら屈辱的やらで、いたたまれなかったです。

ですが、これまでの彼は優しくて誠実な態度で、ここで拒絶することはかなり躊躇われました。

セックスの嗜好が合わないのは些細なことだと自分に言い聞かせたのです。彼のことは、母親も気に入っていましたし、ここで関係が終わるのはダメだと我慢したんです。

ですが、極めつけは、挿入の時です。「今から、僕のペニスが彼女の中に入る。ああ、なんて柔らかいのだろう。あっ、あっ、ああっ」と、ナレーションなんだかポエムなんだかわからないことを言われ、雄叫びのような喘ぎ声を聞かされて、私の気持ちはどんどん萎えていきました。

なぜ、AVに出ている女優さんと同じような喘ぐ演技が求められるのだろうとか。

なぜ、行為のすべてを実況中継されなくてはいけないのだろうとか考えると、どんどん好きだという気持ちも冷めていきました。

すべての行為が終わった後です。彼は、行為の詳細をメモしだしたんです。これには、さすがに怒りが抑えられませんでした。

はっきり言って、行為もうまくなく、強引に挿入したせいで、わずかに出血までしたんです。

その後始末をしている私に、声をかけることもなく、ひたすらメモしまくる彼。私はその場で別れを告げました。

彼は、私の怒りが理解できなかったみたいですが、はっきりと気持ちよくなかったと告げると諦めてくれました。

 

普段からマッチングアプリを利用しており、よく以前から女性と出会っていました。これまでに20〜30人程度の女性と会うことができました。

性格が最悪な人やドタキャンしてきた人などたくさん見てきました。お金をすられたこともあり、数多くのトラブルも経験しました。

しかし、今回はご紹介するのがどエロ女性を紹介します。この女性と出会ったきっかけは、いつものようにTinderでタイプの人を探していました。

遊びたい欲が増えている時期でもありましたので早く会いたいなという気持ちを全面に出していました。

ただ、プロフィールなどにはエロや下ネタなど一切書いておらずマッチしてから大胆に攻めるようにしました。

シングルマザーの方だったのですが、あまりシングルマザーとの方とはこれまで会ったことがなかったのでとても興味がありました。

そうして行動するとすぐにマッチングすることができました。私は、こんな肩書きは嘘だと思いながら大胆に攻めることにしました。

連絡してから長々と連絡することが面倒ですぐに会いたいと約束を取り付けたいと思っていましたので、率直自分の気持ちを伝えました。

ヤリモクですと正直に言うと相手の女性はそんな人初めてとフットワーク軽めに返事をしてくれました。

その後も連絡が続きましたので、ヤリモクなのに大丈夫と聞くと彼女は「Tinderを使ってるってことはそういうことじゃないの」と驚きの返事です。

すぐに約束を取り付けました。子供を両親に預ける日が決まっているみたいでその日だったらすぐに会うことができますという返事でした。

ちょうど休みでしたので、会う約束をすることができました。マッチしてから2時間程度で会う約束を取ることができました。こんな最速な経験はあまりありませんでした。

しかも、会う日が2日後という超スピードでした。自分でも驚きで緊張しながらも嬉しくなりました。

そして、指定された場所に車で向かいました。車を持っていることも好印象だったみたいで移動なども楽でとても嬉しそうでした。

迎えに行くと子供を産んだとは思えないほどスタイル抜群で少しギャル系で興奮しました。

やんちゃ系のギャルというよりも清潔感もあるギャルでした。ノリもよくて話しやすい人でした。

よく笑う人ですぐにうち溶けることができました。芸能人でいと若槻千夏さんのような雰囲気もあり、話しやすくとても楽しいと感じました。

第一印象がよく安心していましたが、この女性がなんととんでもないやばい人でした。

一言で言うとエロすぎてやばい人でした。性癖がヤバくで最高でした。

ドライブしているとボディタッチが増えてきて急に私のあそこを触って「まだ大きくなってないね」って急に攻めてきました。

私は、驚きを隠せませんでしたが「何やってんの?」と聞き返すと「嫌なの。目的はこれじゃないの」と大胆なエロさを発揮していきました。

びっくりするぐらいのエロさでした。会話しながらもあそこを触っていました。「大きくなってきたね」など淫語なども使って攻めてきました。

車の運転どころではない感じになりました。そして、「ホテル行こうか」といいラブホに直行しました。

彼女は、嬉しそうにもうちょっと向こうに行けばいいところがあるよと場所まで知っていました。

10分くらい走るとラブホ街を発見しすぐに車を駐車してホテルに入りました。彼女とソファで座りながらエロエロ話をしていました。

ほんとエロいけど黒歴史あんの?と聞くと1日で違う4人とsexをしたことを暴露してくれました。

話が盛り上げってきたところで彼女の手が再び私のあそこにきました。おパンツを脱がされてすぐにフェラをされました。

そのフェラが今までで経験したことがないようなフェラでした。まさにAV女優のように食べるようにフェラをしてくれました。

奥まで咥えてくれてさらには、自分で喉奥でフェラをして唾液ダラダラでした。本当に気持ちよくなりすぐに口内発射してしまいました。

すると、彼女が早いねといいながらごっくんをしてくれました。もっと我慢をしないと怒られました。

満足していない様子でもありましたので、私が攻めるようにしました。特に私はおっぱいが好きな私はおっぱいを攻めていくとなんと母乳がピュッとでました。

私はこれまで多くの女性と出会ってきましたが、母乳プレイをするのは初めてでした。

生で母乳を見ることも初めてでしたので興奮しました。嬉しくなった私は自分の顔にかけながら楽しんでいました。

そして、次に手マンをするて濡れ濡れで非常に感度の高い女性ということがわかりました。クリトリスを攻めると喘ぎ声が大きくなりました。

それだけも興奮しましたが、一番興奮したので、乳首やおっぱいを触っていないので母乳が出ていました。

彼女もこんね経験は初めてと興奮していました。そして、ついに挿入して騎乗位すると自分から腰を豪快に動かして攻められました。その間もビュンビュンと母乳が出ていました。

ラブホのシーツが湿るほど母乳が出ていました。彼女も気持ちよくなりすぎておかしくなったと言っていました。こんなに感度が高くエロい女性は初めてで流石にやばいと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です