短大時代に使い倒しました【女性会員のワクワクメール評判】

短大時代に活用したワクワクメール女性会員の評判

女性会員の体験談

出会い系サイト初期に登録

私がワクワクメールを初めて利用したのは、短大生の頃でした。

まだ出会い系サイトというものがほとんど無かった頃で、このサイトがもっとも有名で会員数も多いと広告で見かけたのが利用する決め手になりました。

セクシーな内容で男性の気を引いてました

恋人探しの為に暇さえあれば男性会員にメッセージを送り、ちょっとセクシーな内容の日記を綴って男性の注意を引いていました。

ワクワクメールでは女性会員は1日10通までしか無料でメールを送れなかったので、それでは気になる男性と十分な交流が持てず両親から渡されていた親子カードでサイト内で使えるポイントを購入していました。

あの頃は学生だったために、金銭感覚も疎く多い月で10万円分ものポイントを買っていることさえあり親に注意をされて利用を控えました。

当時はスカイプ通話アプリで節約

その頃はサイト内で知り合った男性と交際をしており、利用が減っても問題は無く更にスカイプという無料通話アプリも登場してくれたおかげで以降は高額な費用を必要としなくなりました。

幸せだったのに彼氏の浮気発覚

理想としていた男性にも巡り合えて、幸せな日々を過ごしていたのですが彼氏の様子がおかしい時があり自室のパソコンをこっそりと見てみるとワクワクメールで別の女性と連絡を取り合い浮気をしている事を知りました。

どうして浮気をしたのか問いただすと、出会い系サイトで知り合う女性とはみんな遊びだと開き直り、私とも本気ではなく遊びだったと言われてしまいました。

確かに顔も知らずお互いの詳しいプロフィールや名前すら知らなかった状態からすぐに交際するようになったので、今冷静に考えれば遊びという言葉がしっくりときます。

当初は落ち込んでいましたが、これも人生勉強だと考え直してもう一度ワクワクメールのIDを取り直し別の交際相手探しを始めました。

詳しく相手をチェックするように

今度は知り合ってもすぐには会わず、サイト内のメール機能・日記機能・マッチング機能を活かしつつスカイプもプラスして相手をよく観察することを心がけて行動を取るようにしました。

現在は気になる4人の男性と個別で連絡を取り合い、このうちウソ偽りを言わず本気で交際相手を探している人は誰なのかを時間を掛けて調べている為、以前のように二股を掛けられたあげく傷ついて捨てられずに済んでいます。

サイト利用料が10万円にのぼり、あげくに遊び相手だと言われる失敗をしてしまいましたがそれは自分自身が世間知らずだったということもあります。

冷静に行動を取れるようになれば、ワクワクメールは日本中の人たちと出会える機会をくれる素晴らしいサイトといえます。

まとめ

かなりワクワクメール歴の長い女性会員の体験談を紹介しました。

スカイプ通話はまだありますが、いまはLINE交換ですね。

それはいいとして、この女性会員は彼氏の浮気という失敗からより慎重に相手を選ぶようになり、いまでは順調に出会いを見つけているようです。

初めて使う人だと、うまくいきそうになると舞い上がって視野が狭くなりがちですが、そういうときほど一度深呼吸して冷静になり、相手の本気度を探れるといいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です