たまに販売ページに誘導する会員がけっこういる【ワクメ体験談】

販売ページに誘導してくる悪質な会員もワクワクメールにはいました

ワクワクメール会員さんがサイト利用時に感じた嫌だったポイントを紹介してくれました。

ある会員が体験したワクワクメールでの嫌な思い出

ワクワクメールは出会いやすいということで利用をしてみたのですが、登録自体はとても簡単だったのですごく楽でした。

登録後は見よう見まねで検索をしながら気になる人を探しつつメッセージを送るわけですが、ポイントを使っていく事になりますから、無駄にならないように吟味をするのが想像していたより大変でした。

ちょっとしたことでポイントがすぐ無くなる

プロフィールをさっと見るだけならポイントを使わないのですが、写真を見たり掲示板を見るとなるとちょっとしたことでいつの間にかポイントが減っているのが少し嫌な事でもあります。

相手によってメッセージが突然途絶えることもある

メッセージのやり取りをしながら、気が合うと思った時には出会えるような日程をお互いに相談していくのですが、時々何があったのか分からず、返信がぱたりと止まってしまって困った事がありました。

1、2回程度なら忙しいのかなと思ったりして待つのですが、何度か返事を送ってみてもやはり何も音沙汰がなくなってしまうと悲しいです。

せめて忙しいなど何かしら理由を教えてくれればまだ納得もできますが、いきなり連絡を絶たれるとショックを受けてしまいます。

とはいえ、ワクワクメールは手軽に出会いを楽しめるツールなので、あまり引きずり過ぎないように何度か返事が来ないならもうさっさと次の人を探した方がいいと考えるようになりました。

慣れてくると横着になる人もいる

殆どの人は丁寧な口調で話をすることができるのですが、段々回数を重ねてくるとどことなくずうずうしいような話し方や都合のいいような解釈をしたりする方もいて、いろいろ対応の仕方は人それぞれだなとやり取りをしながら思っています。

使い慣れてきたのはこちらも同じなので構わないのですが、反面教師として相手から何かしらアクションを起こしてもらっているのであれば、余程好みに合わないということがない限りは丁寧な応対を心がけようと文章を見直しながら返事をしているつもりです。

自分が嫌な事をされたら返ってくる様な気もするので、なるべく丁寧にしたいというのが考え方としてあります。

販売ページに誘導されたこともある

ある程度メールのやり取りが進んできたら、他のSNSなどでやり取りができるように話を持っていこうとするのですが、たまに商品の販売などに誘導された時は笑ってしまいました。

割とよくあるようなのですが、欲しいのは出会いであって商品を求めているわけではないのでさっさとその人とはやり取りをやめています。

いろんな人がいるので、それも含めてワクワクメールを使っての出会いは面白いなとマイペースに利用しています。

まとめ

大多数が利用するワクワクメールのようなコミュニティサイトには、一定数は非常識な使い方をする人もいます。

沢山の人とやり取りしていると、多少はそんな人と接点ができてしまうこともあるでしょう。

ここでも紹介されているお金稼ぎのために販売ページに誘導するなんて行為は、ワクワクメールのサービスからかけ離れたものなのですぐに運営に連絡あるのみです。

こういう輩はすぐ別アカウントで再登録するんでしょうけどね・・・。

あまり登録時の個人情報を厳格にしすぎると会員数も減ってしまうため運営側も大変だとは思いますが頑張って欲しいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です