初めて会った人は話が合わない、嗜好が奇抜、粘着質とかなりの変人でした【体験談】

ワクメで初めて会った人が特殊だった

いつかは結婚を夢見てワクワクメールで活動した会員の体験談

アラサーになって焦ってきた

できることなら身近にいる異性と交際し、いつかは結婚したいと考えていました。

学生時代は恋人を見つけるのも難しくなく、ほとんど恋人が途切れることはなかったので、社会人になってからも大丈夫だろうと考えたわけです。

しかし交際していた相手と別れてしまって以来、全く新たな出会いのチャンスに恵まれず、1人で寂しく過ごす日々が続くようになりました。

20代半ばまでは特に気にせず、1人の日々をそれなりに楽しんでいたのですが、30歳が近づいてからは焦りが強くなったのです。

選んだのはワクワクメール

そこで、出会い系のサービスを使って魅力的な異性を見つけることに決めました。

さまざまなサービスの中で、もっとも安心できると感じたのがワクワクメールです。

利用している人が多いため、口コミの情報も多く見ることができました。

出会い系というとトラブルが多いイメージが強いですが、ワクワクメールはほとんどトラブルがなさそうなので安心できたのです。

待っているだけで相手が見つかるのはイケメン・美女ばかりだと知っていたので、自分から相手を探すことにしました。

気になる相手が見つかったときは、積極的にアプローチしていったものです。

相手のプロフィールを見て、自分と気が合いそうな相手を選びました。

知ってたら絶対会わない相手だった

ただ、そのときは自分がトラブルに巻き込まれることなど全く想像せず、なんとなく好奇心で相手と会ってみたいと思ってしまったのです。

実際に会って話をしてみたときに、普通の人と比べてかなり変だと感じる相手がいました。

最初から知っていれば、絶対に会うことはなかったはずの相手です。

自分自身が完璧な人間だと考えているわけではありませんが、これほど変な相手とは関わり合いになりたくありませんでした。

プロフィールからは予想できないほど考え方が奇抜で、全く話が噛み合わないのです。

粘着質な一面があり、対応を間違えると延々と付きまとわれそうな恐怖もありました。

しばらく話をしてみれば、相手の良い部分が見えてくるかもしれないと思い、カフェで何時間か会話を交わしてみたのですが、話せば話すほど相手の趣味が変なものだと感じ、嫌な気分になるだけでした。

ワクワクメールでのトラブルはほとんど聞いたことがなかったため、このような変な相手と会ってしまうことはないと勝手に思い込んでいたのです。

とにかく会ってから見極めたいという自分の考え方は、出会い系のサービスでは通用しないことを学びました。

もう二度と失敗したくないです。

まとめ

はじめてあった相手が特殊なタイプだったことで出鼻をくじかれてしまった会員のワクワクメール体験談でした。

これにめげずに次の相手を探して頑張ってもらいたいですね。

こういう変わった会員が完全にいないサービスはないと思われるので、ネットで手軽に出会いを探すときは自分がかかわらなくていいよう会う前のやりとりで判断したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です