ペアーズでの誘い方 気を付けたいポイントは?

ペアーズで気になる相手の誘い方

ペアーズでマッチング後の誘い方ってどうすればいい?

ペアーズを使用してマッチングできたものの、デートの誘い方が分からないという人は少なくありません。

せっかくマッチングできてもデートを誘うときに失敗してしまえば会うことができず、そのままメッセージが返ってこなくなるという可能性もあります。

そこでここでは男性が女性を誘うときに成功率をあげやすいデートの誘い方を紹介!

ペアーズでデートに誘う方法について悩んでいるという人は参考にしてみてください。

デートの誘い方で気を付けたいポイント

初心者相手ならすぐ誘わない!誘うまではメッセージのやりとりで信頼を獲得しよう

まずはメッセージの回数が重要だと言えますが、登録したばかりの相手であれば少し多めにメッセージのやり取りをしておくことが大切だと言えます。

マッチングアプリの使用が初めてで警戒心を持っている可能性もあるので、ある程度信頼できると思ってもらうまでには時間がかかると知っておきましょう。

10通以上、もしくは2日以上やり取りをしておくことがおすすめであり、あまり早い段階では誘わないようにしてください。

慣れてそうな相手なら早めに誘ってみよう

誘う前にいいね数や登録日をチェック!

ペアーズでマッチングした相手をデートに誘うのであれば、まずは相手の登録してからの日数やいいね数を確かめ、どのタイミングでデートに誘ってよいのか見極めるようにしてください。

いいね数が多い人や登録してから時間が経っている人は、会うことに対するハードルが低い人が多いです。

そのため、数通のやり取りでもオッケーしてもらえることが多いので、気になると思ったら早めにアプローチをかけて良いでしょう。

具体的な誘い方は?

誘うまでの話の流れを意識しよう

具体的な誘い方としては話の流れを利用して誘うことが重要であり、マッチングしたからごはんに行きましょうなどというメッセージではオッケーをもらいにくいので注意してください。

お互いの好きな食べ物の話から「いいお店を知ってるから」とデートに繋げたり、相手の休日の話から「自分もその日休みだから」というように誘ったりすると良いでしょう。

自然な流れで誘われたほうがオッケーしやすいので、話の流れに関係なく誘うことはおすすめできません。

プロフィールなどから相手の好きな食べ物や趣味、仕事などを知ることができるので、これらの情報を話題に出して上手く誘いに繋げることがおすすめです。

その後を意識させにくい昼間に誘う方が無難です

誘うのであればお互いの休日の昼間に会えるか聞いてみると、相手の警戒心が少なくなるのでオッケーしてもらいやすいと言えます。

ディナーやお酒が飲めるお店だと警戒心が働きやすいです。

まとめ

ペアーズで男性が女性を誘うときの誘い方について紹介しました。

恋人を探す場所を使っている以上、日常生活で誘われるときより拒否感を感じる人が少ないのは間違いありません。

ですが、やりたいばかりが先行してしまう男性もいますし、そのあたりのケアは重要です。

誘うときには自然な流れで、昼間に会えるように誘ってみるとオッケーしてもらえる確率がアップするはずです。

このような点に注意してペアーズでマッチングした相手をデートに誘ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です