ラブサーチの「いいね」機能を詳しく解説!

ラブサーチ「いいね」の使い方

いろんなコミュニケーション方法が用意されているラブサーチ

男女の出会いのために利用するラブサーチは、様々なコミュニケーション方法を備えています。

それは個人によって異なるパートナーへの希望に対応するためで、外見をあまり気にしなかったり、趣味や将来的な展望で自分と近いなど色々なニーズに応えることが可能です。

料金は男性の利用者のみがかかりますが、あくまでも定額制を貫いています。

出会いサービスには相手のプロフィールを閲覧したり、メッセージを送るだけでも料金がかかるため、最終的な額が膨大になってしまう場合も少なくありません。

しかしラブサーチでは、1ヶ月当たりの料金を支払うとそれ以上の追加料金は必要ありません。

プランも1・3・6・12ヶ月と複数の期間をまとめて契約すると、1ヶ月当たりが割安になるという違いのみです。

支払った額によって利用できる機能は変化せず、相手のアクションにいいねをしたり、写真の範囲設定変更も全て含まれています。

ラブサーチの「いいね」機能について

いいねの使い方

いいね機能は、気になる相手へ一番最初の起こすアクションです。

ラブサーチでは1日10回まで「いいね」ができるため、かならず上限まで活用しておきましょう。

相手に「いいね」して「いいね」を返してくれたら脈ありと判断して次の段階へいくのが王道パターンですね。

さくっと「いいね」したいときは

検索ツールを使い、ずらっと相手がリスト表示された画面で「いいね」できるので、良さそうな相手にとりあえず「いいね」していきましょう。

これなら忙しい人でも簡単にできるはずです。

足跡を付けてくれた相手に「いいね」

自分に興味を持ってくれた可能性が高い相手に「いいね」することで、つながりやすくなります。

限られた回数しかできない「いいね」なので、少しでも可能性が高い相手につけていきましょう。

「いいね」を活用するにはプロフィールが大事

ここまで「いいね」の使い方を簡単に解説していきましたが、何より大事なのは相手に興味を持ってもらえるプロフィールの作り方です。

ここがいい加減だといいねするチャンスも減りますし、効果も半減してしまいます。

まずはプロフィールの作りこみを最優先にしてくださいね。

ラブサーチの基本姿勢

ラブサーチは、恋愛のためにはコミュニケーションが大事という考え方を根底に持っています。

交流を重ねてじっくりと相手と知り合って、内面部分でも恋ができるサポートを行ないます。

そのため会話をするたびにさまたげとなる追加料金制を導入せず、設立してから20年以上経ってもあくまでも定額制を維持しています。

また料金が変わらないと具体的なサービスの利用を無理に促進せずに済むので、利用する人の精神的な負担軽減にもなります。

機能にはもちろん写真など外見をアピールする内容もありますが、それよりも人柄を知るためのものが多いです。

自分と趣向の近い人が集まりやすいコミュニティや、雑談をきっかけにできるチャットに、自分のブログとの連携機能など幅広いです。

いずれを選択しても料金に影響されないので、気兼ねせずに機能性だけを求められます。

またお互いが表面的な情報で気に入った後、相互いいねをするとコミュニケーションを取れる機能を採用しているところもありますが、ラブサーチではいきなりメッセージを交換できます。

しっかりと交流をして、内面部分で自分に合っているかどうかを見極めましょう。

18歳以上の幅広い層の人が利用していて、年齢確認をしてしっかりと身元が保証された人のみが登録されています。

使用方法次第では周囲に使用が知られずに済み、万が一の時のために24時間365日対応のメール窓口があります。

恋愛事情に関して周囲に頼れる人がいない場合は、メールでアドバイザーに相談も可能です。

まとめ

ラブサーチに限らずいろいろな出会いマッチングサービスで導入されている機能「いいね」について解説しました。

「いいね」機能はこちらの行為や相手からの興味度を測る便利な機能です。

有効活用するためには自分のプロフィールを作りこんでおく必要があるため、ラブサーチで効率よく出会いを見つけるためにも必ず力を入れておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です