マッチングアプリで結婚する人は増えている?出会う手段の最前線はどうなの?

最近ではマッチングアプリを利用して結婚をするという方も非常に増えています。

2020年から在宅で仕事をする方も増えており、社会人の方はさらに出会うことが難しい状況となっています。

こうした状況を打開するためにも、マッチングアプリは非常に注目されているのです。

では、実際にマッチングアプリで出会い、結婚をした方にインタビューを行ってみましたのでどのような出会い方をして結婚までしているのかにについてまとめていきます。

また、結婚はしたものの闇に遭遇した方にもインタビューをしてみました。

おすすめ出会い系アプリTOP3!
出会い系で日本最大級!
ワクワクする出会いをしたいないら1度は利用したいマッチングアプリ!
無料で出会えちゃう!?
無料で恋人もセフレも作れる優良マッチングアプリ!
サイバーエージェント運営で安心!
ご近所婚活・恋活に最適な2021年イチオシのマッチングアプリ!

omiaiを利用して人生初めての彼氏をゲットし結婚をしたSさんの体験談!!

私は女職場で働いていたこともあり、職場での出会いは全くありませんでした。

大学生時代には友人がセッティングしてくれた合コンにも数回参加しましたが、元々人見知りであがり症なのもあって上手くいかず。次第に友人は恋人が出来始め、必然的に合コンをセッティングしてくれることもなくなっていきました。

もちろん、人見知りな自分が合コンをセッティング出来るはずもなく。日に日に独身会なんて名前をつけて集まっていた友人が減っていき、気付けば自分ひとり。

20代前半になっても尚、彼氏いない歴=年齢なのは流石にまずいと分かっていましたが、自分ではどうすることも出来ませんでした。

なけなしの勇気を振り絞って、1回一人で街コンなるものにも参加してみましたが、惨敗。友人達が「彼氏いないのあんただけだよ~」なんて茶化してくるのを笑ってスルーしてましたが、正直辛かったのを今でも覚えています。

人間焦りすぎると大胆な行動に出れるもので、私は街コンをSNSで検索していく中、「Omiai」というマッチングアプリを見つけました。

ほかにも幾つかマッチングアプリはあったのですが、これは女性登録無料、しかも期間限定で女性のみ相手方にメールを送り放題と謳われていたので、もうなんでもいいやと半ば自暴自棄で登録しました。

身分証明書も写真で送るシステムだったので、少しは安心していました。

初めてしばらくは楽しく男性とメールのやり取りをしていたのですが、ある日一人の男性が会いたいと言ってくれたのです。

もちろん互いに写真は交換していましたし、同じ市内ではなかったけどそれほど遠くない距離。

その時私は友人を見返してやりたいという気持ちと、人生で初めてのデートになるかもしれないというドキドキで、即座にオッケーの返事をしてしまいました。

会う日は、1週間後になりました。そして私は、デート前に後悔のどん底。

人見知りであがり症の自分が、よもやマッチングアプリで知り合った男性と食事するなんて。会話が盛り上がらなかったらどうしよう。っていうか、何着ていくの?今更だけどダイエットしなきゃ。化粧品も買わないと。ちょっと待って。

本当に相手は普通の人?ヤバい人じゃないかな?不安の種が出るわ出るわ。マッチングアプリにあまりいいイメージを持たない友人達だったので、もちろん相談は出来ませんでした。

そして食事当日。断る勇気も無かったので、私は決死の覚悟で店に到着しました。未だに本人には内緒ですが、万が一のことを考え、スマホの画面には100番の番号をセットしておきました。

攫われて身代金でも要求されて家族に迷惑をかけるわけにはいかなかったので。車の影から見ると、店の前には写真通りの人が居たのでまず一安心。

LINEで着いた事を知らせ、おそるおそる彼の傍に行きました。お互いぎこちない挨拶をして、店に入って食事をしました。

最初はギクシャクと、本当に見るに耐えなかったと思うのですが、奇跡的にお互いのゲームの趣味が一致し、数分後には会話が盛り上がり始めたのです。感動しました。

そして、気の合う男性と食事をするのって緊張するけど楽しいんだと初めて知りました。合コンの苦痛が嘘のようでした。食事も無事に済み、相手も少しは楽しんでくれたようで、来週も会えないかと誘ってくれました。

食事中に私が動物が好きだと話したのを覚えていてくれて、動物園に誘ってくれたのです。

私は彼の優しさが嬉しくなって、もちろん行くと返事をしました。動物園もとても楽しくて、家族で来て以来久しぶりだった私は、多分子供と同じくらいはしゃいでいたと思います。

デートと呼ぶにはちょっとロマンスに欠けていたかもしれませんが、私は普通に楽しかったのです。そして閉園間近、彼が「付き合って欲しい」と言ってくれました。

ボロ泣きしましたね。絶対子供っぽいとか思われてると思ってたし、化粧も服も頑張ったけどイマイチしっくり来てなかったし。

もちろん嬉しかったし、きっとこんなに気の合う男性と出会うことはないだろうと確信がありましたので、私は「よろしくお願いします」と言いました。

そうしてデートを重ね、3年が経ち、私達は結婚しました。今ではお腹に、新しい命を授かっています。あの時自暴自棄になってマッチングアプリを始めていなかったらこんな素敵な出会いは無かったのだろうなと思うと、本当に感謝しかありません。

占いのおかげでペアーズでパートナーを見つけてMさんの体験談

自分は、マッチングアプリである「ペアーズ」を利用して、最高のパートナーを見つけることができました。

自分は、20代後半まで10年ほど付き合っていた彼女がいたのですが、彼女から「結婚する気がないなら別れよう」と言われてしまい、その時は自分自身結婚するということを考えていなかったため、別れてしまいました。

そこから友人からの紹介などでちらほら女性と飲みに行ったり、デートしたりしていたのですが、付き合うまでいかず、気付いた時には「30代後半」になっていました。

周りの友人など見ても家庭を持ち、なかなか遊ぶ時間が合わなくなってきたので、「自分もそろそろ結婚相手を見つけるかな」と思い、ネットで自分に合いそうなマッチングアプリを探し始めました。

複数あるマッチングアプリの中で自分が合いそうだなと思ったアプリが「ペアーズ」でした。ペアーズは、「累計会員数は1,000万人超え」ているため、「これだけ登録していたら誰か1人くらいは自分に合う相手がいるだろう」と思い、登録しました。

ペアーズを利用して良かったと感じた点は「ペアーズにはコミュニティがある」ところです。自分の趣味は「野球観戦」だったため、同じ趣味を持った異性を探すことが簡単にできました。

ペアーズには3ヶ月ほど登録していたのですが、出会った異性の数は「4人」です。みんな趣味が自分と同じ野球観戦でした。野球観戦ならデートにも誘いやすいですし、日頃のメッセージのやりとりも野球を絡めて送ることができるので、話が盛り上がることが多くありました。

ペアーズで出会った異性の中で、最後に出会った女性が、自分の最高のパートナーになりました。彼女も、野球観戦が趣味で、好きなチームも同じチームだったため、他の異性よりも余計に話が盛り上がりました。

デートを3回ほど繰り返した後に、彼女から突然の発言がありました。それは「自分と知り合う前に占い師に占ってもらった」ことでした。彼女は、自分と出会う前に占い師に自分の将来のことを占ってもらったようなのですが、その誕生日が見事に自分と一致していました。

彼女がペアーズに登録されている男性でその占い師に言われた誕生日の人を探していたようなのですが、何人かいたものの今ひとつだったそうで、違うマッチングアプリにしようかなと思った時に、自分が登録して彼女のプロフィールに「いいね」をしたようでした。

急にそんなことを言われたため、自分もなんて言ったらいいかわからず、「じゃあ、これからもよろしくお願いします。」と頭を下げてしまいました。すると、彼女は「それって、、、」と聞くので、「結婚を前提にお付き合いしていきましょう。」とプロポーズをしました。

ペアーズがなければ、最高のパートナーと出会うことはありませんでしたし、彼女が占い師に占ってもらって、運命の人が自分の誕生日と言ってなかったら、自分と彼女は出会うこともなかったかもしれないと思うと、ペアーズがあって、利用して良かったなと感じています。

現在では、結婚に向けて話が進んでいっています。付き合って3ヶ月ほどですが、これから彼女と楽しい人生を送っていけそうなので楽しみです。ペアーズは、自分が登録した3ヶ月コースで「7050円(2350円/月)」と他のマッチングアプリに比べても、高くなく、利用しやすかったです。

自分は出会わなかったのですが、たまに業者やサクラが女性側に紛れ込んでいることがあるそうなので、それだけは気をつけてください。自分は、業者やサクラかなと見分けるポイントとして、プロフィール欄の写真が明らかに盛っている異性や文章がしっかりできている異性は、避けるようにしていました。ぜひ、ペアーズでいい人を見つけてみてください。

Tinderで結婚相手を見つけてUさんの体験談

3年前にTinderを利用して結婚しました。このアプリに出会う前までには他のアプリもいくつか試してみましたが、このアプリの良い所はなんといってもとにかく会員数が多い所でした。

私は都内在住ではないので、地方での出会いを希望していましたが、なかなかアプリで近くで出会える人を探そうとすると会員数が限られてきてしまって、自分条件をいくつか入れると該当しない事が多く、結局かなりの条件を妥協してようやく数人該当するといった感じでした。

しかしこのアプリを利用してからは、自分の希望するだいたいの条件を入れてもかなりの数の該当がありました。会員数が圧倒的に多いという話を聞いて登録しましたが、本当に他との違いを感じました。

一般的な年齢や職業だけではなく、結婚歴や、同居する人を入力する項目もあったので、安心して使えたのも良い所でした。
入会時の提出書類が割としっかり目なのも安心でした。

私は入会してすぐに、自分の希望の条件に合う人と数人、いいねをくれた人と数人メッセージのやり取りをしました。

やはりお互い結婚を意識しているせいなのか、なんとなく休みの過ごし方や趣味などを聞きあった後は、自分の家族構成や、もし結婚をしたら仕事はどうしたいのか?子供は欲しいのか?など結婚をイメージした具体的な質問が多くなっていったように思いました。

初めは、なんとなく結婚観が合いそうな人がいたので、一度会おうという事になり、最寄りの駅近くで一緒に食事をする事になりました。

この方は、最初の印象は悪い感じではありませんでしたが、写真とのギャップがかなりあると感じました。

お互い様かのしれませんが、想像していたよりもかなり身長が低く、顔の色もあまり良くなくて、疲れているような印象に見えてしまいました。

カフェに入って話している間にも、こちらへの質問をひっきりなしにしてきたり、自分の話ばかりでした。しかも会話の内容はほぼ自分の母親(シングルマザー)の話ばかりで、少し不安を感じるほどでした。

この方とは一度食事をして、また会いたいと言われましたが、その後連絡は取らなくなってしまいました。

その次に出会った人が、今の旦那です。いいねが届いてから、メッセージのやり取りを数回しました。

しかしなかなか向こうから会おうとは言ってくれず、いつも丁寧な言葉遣いでの質問や、今日の出来事の報告等ばかりでした。

あまりにも会う素振りがなくメールが続いたので、この人はただ毎日やり取りをする友だちのような人が欲しいだけなのかな?と感じましたが、メッセージのやり取りはかなり好印象で、休日の過ごし方等を聞くと私と気が合いそうだと感じたので、思い切ってこちらから、一度会いましょうとメッセージをしました。

すると快く応じてくれ、お互い実家暮らしで、最寄の駅も近かったこともあり、今週末に会おうという話になりました。

実際に会ってみると、こちらの想像していた通りの印象で、かなり真面目で清潔感のある感じの人でした。

ファッションのセンスにも性格が現れるようで、きちっとした服装でとても好印象でした。

話していてもかなり丁寧な言葉遣いで、質問をしてくれたり、自分の話が終わるとこちらの話をじっくりと聞いてくれるような落ち着いた感じの人で、話していてとても心地良く感じました。

お互い緊張もあり、時々無言でシーンとしてしまう時間もありましたが、その時間も嫌な感じがせず、最初に会った日からなぜか一緒にいてとても安心できる人でした。

私はこの人とずっと一緒にいたいと感じたので、次回会う約束もしました。

もともと、山登りと言う趣味がお互いあったので、次回は一緒に山に登る事になり、2週間後に一緒に山歩きをしました。

そこで山を下山したタイミングで、向こうから告白され付き合う事に。それからも二人のデートは山歩き等自然散策をする事が多くなり、二人で並んで歩くうちに色々な会話をするようになり、自然と結婚後の話をする事も増えました。

お互い30歳を過ぎていた為、イメージもしやすく、付き合って丸一年でプロポーズを受け、結婚する事となりました。同じ趣味がある人と出会えた事に感謝しています。

TInderで国際結婚をしたAさんの体験談

マッチングアプリTinder(ティンダー)を利用してアメリカ人男性と国際結婚を1年前にしました。

私は当時40歳で処女でした。30代前半までまったく男性に興味がありませんでした。結婚や男性よりも英語の勉強に興味があり、翻訳や通訳の専門学校に、仕事終わりに通う毎日でした。趣味は映画鑑賞で、特に洋画が大好きだったので、ネットフリクスを1人で見ることが最高の休日の過ごしかたと思っていました。

しかし30代前半から、両親や姉妹、友達から結婚はまだなの?と言われるようになりました。周りの友達や会社の同僚にも結婚して子供をもつ人が増えてきて、自分もそろそろ結婚したいと本格的に思った時には35歳でした。

今まで1度も男性とお付き合いをしたことがなかったので、まず彼氏を作ることがとても難しかったです。友達の紹介などで、同じ年くらいの男性とお見合いを数回しました。

またマッチングアプリにも登録して、実際に会った男性も数名いました。35歳の自分の年齢を考えると選べる立場ではないことはよく理解していたのですが、どうしても結婚したいと思える相手に巡り会えませんでした。

私の年収も当時400万ほどだったので、相手には500万から600万ほどの年収と、見た目がカッコイイ人がいいと高望みの条件をつけては、相手の男性とお付き合いすることすら遠ざけていました。

35歳から始めた婚活は40歳になっても続いていました。もう結婚するのは自分には無理かも、そう思いました。そして、ふと英語を勉強してきたのだから、外国人と付き合ってみたい、40歳でも外国人なら年齢を気にしないかもと思いTinder(ティンダー)という世界中の人が使っている1番大きなマッチングアプリに登録しました。

そのTinder(ティンダー)というアプリは自分の位置情報で相手とマッチすることができるので、同じさいたま市に住むアメリカ人男性とマッチしました。

41歳で、誠実そうな見た目の写真、コメントには、真剣な恋人を探しています。結婚願望がありますと、かいてありました。とても好印象だったので、すぐにラインを交換して、一緒に実際に会うことにしました。初めてのデートで、君とは運命の相手だと言われ結婚を前提に付き合ってほしいとお願いされました。

すぐに意気投合し、彼の1LDKの狭いアパートで同棲生活を始めました。彼は英語しか話せないので、会話は全て英語でしたが、私も英語の勉強をしてきたのでまったく会話に問題はありませんでした。

初めてのデートで結婚を申し込まれて、そのような対応にとても感激して3ヶ月後には本当に結婚しました。3ヶ月と早めに結婚した理由は、2人とも41歳と高齢で、子供が欲しかったからです。すぐに妊活を始めるために結婚を急ぎました。

また彼は1年前に日本にきたばかりでした。英会話教室で英語講師として働いています。手取りが月15万ほどと給与が低いのですが結局、人間は好きになると相手の年収やこだわりがなくなるのだなと実感しました。

まさか41歳で、アプリで出会った男性とドキドキする恋愛を経て国際結婚するとは夢にも思いませんでした。

あの時に結婚を諦めずにTinderに登録して本当によかったと思います。Tinderのアプリのクチコミを見ると、遊び目的の不真面目な人が多いと書いてあります。私も最初は不安でしたが、実際には真剣に結婚を考えている日本に住む外国人男性たちもたくさんいました。

現在は、結婚し妊娠6ヶ月目です。こんなに順調にすぐに妊娠できるとは思っておらずとても嬉しいです。現在はコロナ禍で、あちらのアメリカの両親にも会うことができません。結婚式もしませんでした。数年後にコロナも終息したら家族3人でアメリカのカルフォルニアの彼の実家まで旅行し、あちらで結婚式をあげたいねと話しています。

マッチングアプリで出会って二人目の女性と結婚したTさんの体験談

マッチングアプリで出会った女性とお付き合い1年後結婚し現在2年目です。マッチングアプリでは今の奥さんを含め2人でした。

私がマッチングアプリを始めたきっかけは元々女性が苦手なこともあり、学生時代にいい関係を築けた女性が居なかったことや、現在の職場が男性ばかりで出会いがなく、このままだと一生独身かも、、と思いマッチングアプリを始めました。

最初は気になった女性にとにかくメッセージを送りまくり、やり取りをしていきました。その内に返信をくれる人くれない人、長続きする人、しない人の差がわかっていき、食事に行ったりデートしたりするようになりました。

半年ほどマッチングアプリを利用した時に、1人目の彼女とお付き合いしました。

彼女とは遠距離でバスで2時間半くらいの距離で月に1回~2回くらい会うような形でした。始めは可愛かったものの性格の違いや将来の設計の食い違いから喧嘩が多くなり、結果1ヶ月半で破局。マッチングアプリに絶望したタイミングでした笑

もうマッチングアプリなんて辞めようかな〜と思ったタイミングでなんとなく目に止まった人が今の奥さんでした。

奥さんは前の彼女よりは好みのタイプではありませんでしたが、文章の書き方や笑顔や写真の撮り方に凄く好感が持てて、やり取りしてみたいなと思いました。

やり取りしていく中でお互い仕事に真摯に向き合う姿勢や丁寧な話し方や僕の話題を拾って広げてくれる会話のうまさに交換を持ち、会ってみたいなと思うようになりました。

相手が子宮の手術を控えていたため知り合ってから1ヶ月後に初めて食事にいきました。

最初からお互いの事は知っていたし、お電話もしていた為、緊張することなく話すことができました。

お互いの高校や大学の話、バイトや今の仕事の話を沢山してとても盛り上がったことを覚えています。

帰りに僕が昇進したばかりだったので昇進祝いをもらい次回の約束をしてバイバイ、奥さんに後で聞いたらその頃はまぁまた会ってやってもいいかな?くらいだったそう笑笑

それからお互い仕事が忙しかった事もあり電話での交流が二ヶ月ほど続きその後2回目のデートで相手の家にいき、一緒に料理をしたり近くのカフェに行ったりのんびり過ごしました。

その時には僕も相手もお互い惹かれていた様です。その後1ヶ月程度で遠距離だった為僕の方から電話で告白、お付き合いする事になりました。

お付き合いしてからは職場環境が変わったり彼女のぶっ飛んだ性格が爆発したり、喧嘩や紆余曲折ありながらも楽しく仲良く過ごしていました。

結婚を最初から考えて居ましたがふんわりこの二三年で〜みたいに考えていたところ、卵巣嚢腫version2が発生する。

転職して僕の家に移る話も頓挫、早めに子どもを作らないと妊娠できなくなるかもしれない。とのこと。

相手は深刻にどうするか僕に聞いて来ましたが、即答で結婚してしばらく別居ののち落ち着いたら同居しようと言うことに。

相手の親御さんにご挨拶をしてお付き合い11ヶ月でゴールインできました。

その後も仕事や家庭やおカネのことで衝突はあるものの仲良く2人でやっていけてます。来年1月には第1子が産まれる予定です。

お互い出会って結婚する大変さを知っているので、激情して三行半という事はこれからもなさそうです笑

今回マッチングアプリを使ってみて良かった点はいい意味で色んな人との交流が持てるので、1人の人に拘泥して悩むことが無かったところが余裕を持って相手とお付き合いできた要因かなと思いました。

あとはネットでの出会いだとしても結局会ったり交流したりするのは自分なので相手に好かれる努力や対人スキルは普通に出会うのと同じように必要になってくる。

出会いの間口が広がるという意味では婚活で悩んでいる人には是非利用して見てほしいと思います。

マッチングアプリで同期の将来的な婚約者の浮気を知ってしまった体験談

私には、4歳年上のAさんという女性の同期がいました。私は新卒採用で入社しましたが、Aさんは、中途採用で入社してきました。

Aさんは都会にでて働いていましたが、転職して田舎の地元に戻ってきたようです。Aさんとは同じ部署の配属になりました。

同期ですが、年上なので敬語で話していましたが、業務内容は入社一年目で待遇も同じでした。

今思えば、新卒の私と同じ待遇なのがいやだったのかなぁと思います。Aさんは雑用などは、全て私に押し付けてきたり、Aさんが先輩にいじられているところを一緒に笑うととても不機嫌になったりしました。

Aさんは私にとっては少し感じの悪い人ですが、Aさんと関係を悪くすると仕事がしずらいので同期なのにAさんに気を使って仕事をする毎日でした。

休日に一緒に遊びに行くほど仲良くはなかったですが、休憩時間は一緒に弁当を食べたり、仕事の愚痴を聞いたりはしていました。

私はAさんのことはあまり信頼していなかったので自分のことや会社の愚痴をAさんに話すことはなかったですが、Aさんは私に自分のことをよく話してきました。

都会にでて働いていたけど、彼氏に振られて地元に戻ってきたことや、最近街コンに行き彼氏ができたことなどいろいろ話してきました。

私がAさんに気を遣っていただけあってAさんは私のことを信頼していたのかもしれません。

彼氏の写真を見せてくれとも言っていないのに彼氏の写真を見せてきたり、温泉デートに行った時の写真をみせてきたりしていたので、Aさんの彼氏とは面識はないですが顔は知っていました。

職業は公務員(中学校の教師)、名前は雄大さんだと教えてきました。あまり私好みの顔ではなかったのでどこがいいのだろうと思っていましたが、Aさんは彼氏のことがとても好きな様子でした。

その頃私は出会いを求めてマッチングアプリのペアーズをしており、いろんな方とメッセージのやりとりをしていました。あるときいいね!が届いて写真を見てみると、見覚えのある人からのいいね!でした。

Aさんの彼氏、雄大さんです。

アプリ上の名前はユウとしていました。しかもAさんに見せられた温泉旅行の写真と全く同じでAさんが切り取られたものでした。

とてもびっくりしましたが、Aさんの彼氏本人かわからない、写真が悪用されているかもしれない、と思い、確かめようとメッセージのやりとりをするためにいいね!を返しました。

私はAさんのことをあまりよく思っていなかったので、面白半分というところもありました。

マッチングが成立するとユウさんからすぐにメッセージが届きました。

ユ「初めまして。マッチングありがとうございます。」

私「こちらこそありがとうございます。」

ユ「写真をみてとてもかわいかったのでマッチング成立してとてもうれしいです。」写真は横顔の写真であまり顔の分からない写真なのにな・・と思いましたがメッセージを続けました。

私「ユウさんとてもかっこいいので彼女いそうなのに・・・」

ユウ「彼女いないよ。笑」

私「彼女いたらアプリしないですよね笑 職業はプロフィールには公務員と書いてありますけど具体的にはどんな仕事をしてるんですか?」

ユ「中学校の教師だよ。」

私「教師してるんですね。大変そうですね。プロフィール写真はどこかの温泉ですか?浴衣がとても似合ってますね」

ユ「〇〇温泉だよ。このまえ友達と行ってめっちゃ楽しかった。」

ここまでのやりとりで職業、行った温泉地、プロフィール写真がAさんの話と一致していました。

メッセージのやりとりを一週間くらい適当に続けているとユウさんから一緒に食事をしないかという誘いが来ました。

誘いが来た時点でメッセージのやりとりをやめたのですが、その後私は半年くらいアプリを続けていましたがユウさんのアカウントがよくオンライン状態になっていたのでアプリを続けていることが確認できました。

しかしAさんはあいかわらず彼氏の自慢をしてきたのでAさんの会話だけ聞くと仲の良いカップルのように思いました。

雄大さんはなにをしたかったんだろう?と思います。

ちなみに雄大さんは私がAさんの同僚だということは知らないと思います。Aさんと一緒に写真を撮ったことはなかったし、アプリのプロフィール写真もあまり顔がわからない横顔だけの写真にしていたので。

私がアプリをやめてから2年後くらいにAさんは雄大さんと結婚して寿退社をしました。

私もアプリをやめてしまったので、雄大さんが現在アプリを続けているかはわかりません。しかし、Aさんはあまり幸せそうには見えませんでした。

Aさんから話を聞くと、雄大さんの家族と同居しないといけないことや雄大さんがよく女友達と連絡を取っていることなど・・・・。

その話を聞いて女友達はマッチングアプリで出会った人かなぁと想像してしまいました。

Aさんは結婚に焦っていましたが、今はあまり結婚したくないと言っていました。しかし、出会いもないし婚期が遅れることも嫌だそうで、結局結婚を決めたそうです。

私は雄大さんがマッチングアプリをしていることは誰にも言っていません。

下手にAさんに言って別れる原因を作ってしまってもいけないので。大切な親友なら言っているとおもいますが・・・。

彼女がいるのにアプリをする人の心理が全く読めません。本当に何がしたいのでしょうか?????

まとめ

マッチングアプリでは使い方によっては、本当に素敵な出会いに恵まれることは間違いありません。

しかし、遊び半分で利用している人などももちろんいるので、真剣な交際を求めていることをきちんと伝えることが、マッチングアプリで成功するために必要になることは間違いないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です