デートで相手を上手にいじる方法

デート中にうまく相手をいじる方法について

テレビでバラエティ番組などを見ている際に芸人の方が上手に周囲のひとをいじって笑いが起きたり、日常生活の中でも緊張感のあるシチュエーションで上手にいじりを取り入れることで場の雰囲気が和んだりする場面を目にすることは少なくありません。

この「いじる」という行為は人間関係を円滑にするために非常に有効な手段で、デートにおいても相手を上手にいじることができればお互いの距離が縮まるといって間違いないでしょう。

しかし、何も考えずにいじってしまうと相手を傷つけてしまうだけでなく、場合によっては人間関係を破綻させてしまう可能性があります。

ではデートで上手にいじるためにはどうすればよいのでしょうか。

ここではデート中に好感度があがる上手ないじり方を紹介していきます。

デートで関係を良くするいじり方

何がよくて何がダメかある程度見極めが必要

まず、頭に入れておかなければいけないのが先に述べた通り、不用意にいじってしまうと取り返しがつかないことになりかねないので、いじってよいポイントを慎重に見極めることです。

というのも人それぞれいじられても良いというポイントが異なるからです。

例えば普段からいじられなれているようないわゆる「いじられキャラ」の人であれば積極的にいじっても冗談として上手にコミュニケーションを取ることができる可能性が高いでしょう。

しかし、仮に自分の学歴や頭脳に高いプライドを持っている人に対して、言葉遣いの間違いなどちょっとした部分に触れてしまうだけで馬鹿にされたと感じるかもしれません。

このように、デートで上手にいじれるようになるためにまず最初にすべきことはその人にあったいじってもよいポイント探しです。

ということは必然的に相手がどのような人かわからない状態でいきなりいじってみるのは避けた方が無難と言えます。

いじることの効果

ところで、デートの際になぜ異性をいじる必要があるのかというと、いじりは人の感情を揺さぶることができるからです。

この気持ちを揺さぶるという行為はドキドキした気持ちにさせることができるのです。

特に女性の場合、ただ単純に褒められるよりも気持ちを揺さぶられる男性に対して好意を持ちやすいといった特徴があります。

つまり、この揺さぶりという部分にヒントがあって、軽くけなす場合には褒めることとワンセットにすれば格段に効果的と言えます。

いじるポイントを探す

例えば容姿についてですと、まずは服装や持ち物で個性的な部分を探してみます。

この時やってはいけないのは顔や体など先天的に持ち合わせたものに対してのいじりです。

もちろん、これはコンプレックスを逆なでする可能性が高いです。

では、個性的な部分が見つかったらまずそこを少しいじってから「似合ってるね」といった風に褒めることで「けなされたところから褒められる」ため、より感情の幅ができます。

また、逆に褒めておいてから、照れていることについていじってみるという逆のパターンも効果的です。

このように効果的にいじれば自然と相手には「この人にいじられたい」という気持ちが沸いてきて、自然とそれが好意に繋がります。

やりすぎ注意!

しかし、あまりにも頻繁にいじってしまうと、いじられることになれてしまうので感情が揺さぶられづらくなるというだけでなく、面倒くさいと思われたり、ただ意地が悪いと感じられる可能性もあるので頻度には注意しましょう。

また、先に述べたいじられキャラの人についですが、実はいじられやすいだけで、いじられキャラであることは好きではないという人も少なくありません。

ですからいじられキャラの人とデートする時にはあえていじらない、もしくはいじる頻度を少なくするということも有効な場合があります。

このようにデートで相手をいじるにはポイントがありますが、最も大切なのは自分が楽しむためではなく、相手に良い気分になってもらうということを忘れてはいけません。

まとめ

相手との距離を縮める効果的な方法の1つ「いじり」について解説しました。

言葉で言うのは簡単ですが、最初からいじりを上手にできる人なんてまずいません。

たくさんチャレンジしてみて失敗を重ねて上達していくしかないでしょう。

ただし、やはり失敗はしたくないもの。

眼の前の相手を逃さないためには、当たり障りのないポイントから攻めて距離を近づけ、相手の好感度をあげる恋愛ゲームのような流れが大事です。

相手のこちらへの感情が、嫌い、興味なし、普通あたりならあまりキツめのいじりは厳禁です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です