映画デートで盛り上がる会話術

映画デート会話

昔から男女のデートの定番と言えば映画デートですよね。

たとえ、まだお付き合いする前の段階であったとしても、映画デートであれば会話が続かないと言ったような状況も生まれづらく、そこから共通の話題も生まれやすいのでデート初心者にもおすすめのコースではないでしょうか。

そんな映画デートで盛り上がる会話術があれば、是非参考にしたいですよね。

ここでは、さらにお相手の心を掴む映画デートのコツをご紹介します。

映画デートの会話術

映画を観る前の下調べが大事

まず第一に、映画館や観る作品の下調べをしてからデートに行くようにしましょう。

結果を出すための大事なのは、準備8割とも言われています。

男性は女性をスマートにエスコートできるよう、事前に映画のチケット予約をしておくなどすると印象がぐっと良くなるはずです。

また、その映画館で売っているポップコーンやドリンクについて下調べをしておけば、映画館についても上映前に上手に会話をリードできますよ。

ついでに近くのカフェやレストランもリサーチしておくと、映画を観終わった後もスマートにエスコートできるのでおすすめです。

観る映画の内容をチェック

また、作品自体のストーリーや、映画に登場する役者さんのことも事前に調べておくと良いでしょう。

主演俳優の出演歴などを勉強しておけば、違う作品についても会話が盛り上がるかもしれません。

さらに映画とはそれぞれ伝えたいコンセプトを持っているものですから、下調べをして万が一映画の途中で眠ってしまっても検討違いな意見を言わないように準備しておきましょう。

相手の価値観から会話を広げる

次におすすめの会話術は、映画の作品の中から、お相手の価値観や趣味嗜好に話を広げる方法です。

自分が感動した場面や、心に残ったセリフなどを伝えてみると、相手から共感を得たり、もしくは価値観の違いに気づくことができますよね。

そんな会話のやりとりから思わぬ共通の趣味や好きな食べ物が一緒という発見があり、次のデートに繋げることもできるのでおすすめです。

ポジティブな感想をネタにしよう

会話するときに気をつけたいのは、映画の中でプラスに思った場面を切り取るようにすることです。

誰でも上から目線の批評や、ネガティブな発言には好感を持ちづらいので、避けた方がベターでしょう。

デートの目的は、お互いをより深く知ることですので、映画のキャラクターの好みからお相手の好きなタイプを自然に聞き出したりしても良いかもしれませんね。

人は自分に関心を持ってもらい、質問をされると嬉しくなるものです。

映画の感想にとどまらず、お相手の意見をどんどん聞いてあげましょう。

ただし、初デートやまだ関係が深まっていない段階では、ご家族やプライベートな質問は嫌厭される場合もありますので、あくまで相手の価値観や好みを聞くようにしましょう。

さらに次のデートで、「これ好きって言ってたよね。」というように、相手の好みを覚えておくと喜ばれること間違いなしなので、ただ聞き流すのではなく、相手の好みを心にとめておくと恋愛上級者と言えそうです。

自分も映画を楽しむこと

以上のようなポイントも大切ですが、話題探しばかりに気を取られ肝心な映画に集中できなければ映画デートの意味がありません。

とにかく自分も映画を楽しむようにしましょう。

一緒に何か楽しい経験をした人は、それだけで親密に感じるものですよ。

まとめ

映画デートをより楽しくするための会話術について紹介しました。

日本の映画館では上映中に会話することは推奨されていないので、感想などは観終わったあとに話すことになります。

そして自分の印象を良くするため、会話を楽しい雰囲気にするためには、ポジティブなネタを中心にすることが大事です。

つまらない映画だったとしても、人物・映像・音楽・音や声など何かしら楽しむポイントはあるはずです。

上手に見つけて会話に取り入れていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です