女性を感じなくなった妻。ときめきを求めてワクワクメールへ【体験談】

相手に異性を感じなくなった者同士の既婚会員がときめきを感じる出会いを見つけたときの体験談

妻に女性を感じなくなった

結婚をして子供もある程度大きくなると、妻はもう女ではなく母親としてしか見ることができなくなり、それはそれで満足していたのですが、会社と自宅の往復の毎日の中でどこかときめきを求めていました。

だからと言って会社では妻と子供がいるということはみんなが知っているので、出会いを求めることはできず、趣味のサークルなどに入ったり、出会いの場に出掛けていくこともなかったので、現状に満足するしかないかと思っていたときに、ネットでワクワクメールの広告を目にしました。

ネットで見つけたワクワクメールに登録

出会い系サイトは、サクラが多く、危険性も高いというイメージがあったので今まで敬遠していたのですが、そのときはときめきを求めていたこともあり、登録だけしてみてどのようなものか見てみようと思い、登録をしてみました。

ワクワクメールには大人の出会いを求める人もいますが、純粋な出会いを楽しみたいと思い登録をしている人もいます。

掲示板に書き込むと同年代の人妻からメッセ

私も純粋な出会いを求めていたので、試しに掲示板にメッセージを残してみたところ、何件か返信がきました。

明らかに冷やかしだろうと思われるものがほとんどだったのですが、私と同年代の人妻さんが私と同じようにときめきを求めて登録をしたので、同じような思いの私に興味を持ったとメッセージを送ってくれました。

メッセージの内容もとても丁寧で好感が持てたので、思いきって返信を送ってみたところ、しばらくしてまた連絡がきました。

その人妻も同じようにときめきを求めていた

彼女も私と同じように夫と子供がいて、専業主婦だったので家事と子供のことだけの毎日で全くときめきがなく、現状に不満があるわけではないけれど、何かを求めてワクワクメールに登録をしたのだそうです。

それから、趣味の話や仕事の話など1日に何件かやりとりを続けるようになりました。

お互いの家族の愚痴も言い合うようになり、彼女とのやりとりが心のよりどころになっていました。

連絡先の交換を申し出てみようかと思っていたのですが、そこまで言っていいものか迷っているうちに月日は経ち、日に日に彼女と実際に会って話をしてみたいと思う気持ちが大きくなっていきました。

やりとり開始から3ヶ月後にはじめて会ってみた

彼女も同じ思いなのではないかと思いことが何度かあったので、思いきって連絡先の交換を申し出るとそれに応じてくれ、登録をしてから3ヵ月後に実際に彼女と会うことになりました。

彼女に会ったのはその1回だけです。

その後ぱったりと連絡がとれなくなったのです。

会ったときは、男女の時間を楽しみ忘れかけていたときめきを取り戻すことができました。

彼女とはそれっきりになってしまいましたが、私にとってはとてもいい思い出となりました。

まとめ

幸せな家庭だが妻に女性を感じなくなりワクワクメールで出会いを探した旦那さんの体験記を紹介しました。

似たような境遇の人妻に出会い久しぶりにときめきを感じられたようですね。

残念ながら1回あっただけで終わってしまったようですが、それはそれで何事もなく終わってよかったと思います。

これを機に新しい出会いを探すことなく家族に愛情を向けてくれればいいんですが、その後どうなったんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です