オフ会であった童顔人妻と会っていると高校時代に戻ったかのようでした【体験談】

枠目で出会った童顔人妻との高校生の頃のような恋愛体験

一度だけの過ち。不倫体験談

ワクワクメールで人妻と会ったのは一回限りです。

私は独身で普段は会社員をしています。

出会いがないためにサイトを始めて、友人や恋人が出来たらいいなと思っていました。

奥手で人見知りの性格なので、サイトを通じて交流を深めてゆくのが自分には向いています。

とくに日記をよく書きました。

自分の意見を書いて、日記に対するコメントをもらうことが好きでした。

何人か読者の人が出来て、コメントをもらうことも多くなりました。

オフ会に参加してみた

私もコメントをくれた相手の日記に遊びに行き、コメントをしました。

こうしてサイトでのやり取りを楽しむ内に、オフ会へ参加することになりました。

オフ会といっても小規模なもので、日記友達の5人がお昼に集まり、食事を楽しむという内容でした。

男性陣は私を含めて二人、女性陣は三人集まりました。

みんな初対面でしたが、普段から日記で交流しているだけあって、話題には事欠きません。

バイキング方式のイタリアンも美味しく、舌鼓を打ちながら話に興じました。

とても楽しい時間でしたが、夕暮れと共に解散し、今度はお酒でも飲みましょうと軽い約束をして解散の運びとなったのです。

参加女性の一人が子持ちの人妻だった

私とチハルさん(仮名)は帰る方向が同じなので、一緒の電車に乗りました。

チハルさんは二つ年上で、子供が一人いるそうです。

普段はママをやっていますが、時間のある時だけサイトを覗いて気分転換しているそうです。

たまたま私の日記を見つけて読むようになり、コメントをするようになったのだということでした。

一緒にいるとまるで高校時代のような気分になり恋しました

夕陽が差し込んだ電車内で、今日初めて会ったチハルさんと会話をしていると、まるで高校時代に戻ったような感覚になりました。

どうしてなのでしょうか、閑散とした電車内と、童顔のチハルさんの横顔を見ていると懐かしい気持ちになったのです。

私たちはそれから二人きりで会うようになりました。

相手は人妻でいけないことだとは知っていましたが、体を重ね合わせたことも一度ではありません。

私はチハルさんに恋をしていました。

最後は泣きながら別れました

だけど相手の家庭を壊したくはない、都合のいいことかもしれませんがそう思っていました。

灰色の日々に、オレンジ色に輝く夕日に照らされたチハルさんが現われてくれたこと、とても幸せでした。

決して一緒にはなれないけれど、同じ時を過ごす時だけは恋人気分でいようと約束しました。

してはいけないことですが家庭を持つチハルさんに嫉妬してしまい、ケンカして別れることになりました。

最後に会った時、口づけを交わすと涙があふれて来ました。

チハルさんも泣いていました。

まとめ

ワクワクメールでノルタルジックな感傷に浸らせてくれる人妻と出会い、肉体関係も持つようになったサラリーマン男性会員の思い出話しを紹介しました。

ダメだとわかってはいても恋愛感情を抱くと突き進んでしまうんですね。

無事、といっていいかはわかりませんが、相手の家庭を壊す前に別れることができたのは幸いでしょう。

またワクワクメールで素敵な相手を見つけてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です