ハッピーメールのウェブ版とアプリ版の違いを解説

ハッピーメールのウェブとアプリそれぞれの特徴

ウェブとアプリ版の違いは?

ハッピーメールを利用する際には、パソコンを利用する人とスマートフォンを利用する人の2種類があります。

パソコンで使うハッピーメールウェブ版の特徴

パソコンで利用する場合にはウェブでアクセスをすることが多いのですが、ウェブの場合には様々な情報をいちどに確認することができるのでじっくりと相手を選ぶことができるのがポイントとなっています。

スマホ・タブレットで使うアプリ版の特徴

スマートフォンを利用する場合にはアプリを用いて様々なアクセスを行うため、画面が小さいためにいちどにいろいろな情報を表示することができず、それぞれの内容を確認しながら進めなければいけないため手間がかかると感じることが少なくありません。

そのため利用しやすいのはウェブの方だと思っている人も多いのですが、スマートフォンのアプリには様々な機能が盛り込まれており、また出会い系サイトとして利用するのには使いやすいようになっているのです。

スマートフォンを利用して出会い系サイトをアクセスするメリットはいろいろあります。

アプリ版のメリット

その中でも最も便利なのは持ち運びができるという点です。

実際に相手と会う約束を取り付ける場合などは移動しながら相手とメッセージの交換を行い、場所などを確認しながら行うことが非常に便利なため、アプリを利用するとこれらの機能を効果的に利用することができるのです。

スマートフォンには位置情報を表示する機能もあるため、ハッピーメールでは相手の位置情報を知らせる機能を持っており、これにより近くにいるかどうかをチェックすることも可能となっているので、会う約束をしている場合には効果的に利用して確実に出会うことができると言うメリットがあります。

このためパソコンでウェブを利用する場合では考えられない様々な機能を効果的に利用することができるのです。

その他違いいろいろ

アプリとウェブの違いには他にも様々なものがあります。

パソコンを利用してアクセスをする場合には自宅から利用することが多いので、さまざまな情報を1つの画面の上で表示し、色々な人のプロフィールを確認しながら自分に合った人を選ぶことができると言うメリットがあり、相手を探す際には非常に便利に利用することができます。

そのため、じっくりと相手を探したい場合にはパソコンを利用してハッピーメールにアクセスをし、希望の相手が見つかって実際に会う約束をした段階でスマートフォンのアプリに切り替え、外出先で効果的に利用をしていると言う人も非常に多いのです。

この違いを上手に使い分けることでハッピーメールのメリットを存分に生かすことができ、良い相手に早く出会うことができるようになります。

まとめ

ハッピーメールを使うときに用意されている2バージョン「ウェブ版」「アプリ版」の違いについて紹介しました。

大きな違いは画面サイズと携帯性。

ウェブ版はスマホの小さな画面でも利用できますが、大画面のパソコンでつかってこそメリットがあります。

逆にアプリ版は気になる相手とのやりとりがいつでもどこでもできるのが強み。

相手探しのときはパソコンを使ってウェブ版から、出先や会う前のやりとりはスマホのアプリ版で、と使い分けられるのもメリットですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です