ハッピーメール 転送電話できない?設定のやり方

ハピメの転送電話ができないときの設定見直しについて

電話で話せるおしゃべり機能のあるハッピーメール

ハッピーメールは、出会い系サイトで知られておりたくさんの人が気軽に利用して会話から出会いにつなげるサイトです。

特色の一つには、おしゃべりをする機能が存在します。

おしゃべり機能のしくみと料金

この機能では、互いに電話番号を知らせずに、通話できる機能でまずはやりとりを見て相手を見極めたい人にとっては適しているといえます。

この機能を大きくわけると、掲示板で出会った相手とつながることが出来る転送電話とランダムに相手とつながることを目的としたボイスチャットに分かれており、ともに消費ポイントは15秒3Pで1分間12P、つまり120円の計算です。

ただ、実際にはそれに加えて通話料もかかりますのでこのことも留意しなければなりません。

料金が高く利用者は少なめ

ただハッピーメールのおしゃべり機能は、未知の女性と話せるのですが料金の高さがネックとなっていますのであまり利用する人はいません。

メールからLINE交換をして、無料通話を活用する手順のほうが良いといえるでしょう。

ただ、お金に余裕があるのであれば転送電話を利用するのも一つの活用法です。

転送電話ができない場合は設定を見直してみよう

では、設定の仕方についてですがまず掲示板で探して電話をかける・掲示板に書き込みを行い電話を待つ・送受信記録からかけるのうちからどれかを選択することになります。

掲示板で探す方法

最初に掲示板から転送電話の受け付けをしている女性を見つけて電話をかける方法があり、この場合はエリアを選択することで掲示板ジャンル毎に電話を受け付けている女性が表示されるようになっているため、好みの女性を見つけて電話をかけます。

つながったら、そこで転送電話の始まりとなります。

掲示板に書き込む方法

掲示板に書き込みを行い電話を待つやり方では、メニューから書きこみして電話を待つの部分を選択して電話がかかってくるのを待ちます。

ピュア掲示板とその他掲示板の2つがあり、どちらかを選択して待つようにしましょう。

送受信履歴から転送電話を利用

もう一つの方法は、こちらはすでにメールや電話などのやり取りがある相手がいる場合においては、送受信履歴から話したい相手を電話に誘うという方法があります。

メールの送受信記録及び、いいね・タイプ・足あとに表示されている会員が対象となります。

活用法次第では、親密な仲になれるかもしれません。

転送電話はあまり効率的とは言えません

ただ、出会いの面で考えるとあまり成功率が高いわけではありません。

理由は、女性側がおしゃべり機能を活用するいわゆるキャッシュバッカーを見かけることがあるためです。

女性にとっては、転送電話で1分話すと20MPにあたる20円、ボイスチャットで1分話すと30MP分にあたる30円ももらえる仕組みになっているため割のいいお小遣いとしても使えます。

あくまでも、使うのはLINE交換のつなぎ程度の感覚で留めましょう。

まとめ

ハッピーメールで相手と電話で会話できるおしゃべり機能の「転送電話」ができないときに見直したい設定について解説しました。

場合によっては有効な転送電話ツールですが、料金の高さやキャッシュバッカーの存在を考えると他のコンテンツを利用して出会いを探していったほうがいいですね。

経験として試しに使ってみるくらいにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です