ハッピーメールのセキュリティ設定ってどうなの?安全性や設定について解説

ハッピーメールのセキュリティ設定

18禁で年齢認証による制限ありのハッピーメール

ハッピーメールは2018年に映画化されているほどで、話題の出会い系サイトの一つで主に男女の出会いを結びつけるため使われるアプリツールです。

実際にハッピーメールを登録する段階で、電話番号認証と年齢認証の二つの審査を受けることができなければ、アカウントの利用が大きく制限されてしまいます。

男女ともこの二つの認証を受けることで、やり取りの制限を受けることなく、問題なく利用できる形になります。

ハッピーメールのセキュリティ設定はどうなの?

ハッピーメールでは、ポイントを購入するときにクレジットカードを利用することが可能で、それをサイトに登録をする必要があります。

もし仮にセキュリティ設定が万全でなければ、個人情報が漏洩してしまう恐れも存在し、クレジットカードの情報は大切な情報になるので、取り扱いに注意をしなければなりません。

そのためクレジットカードの悪用のリスクからも安心して利用することができなくなってしまいます。

ではハッピーメールのセキュリティ設定は、万全なのかどうか?を知りたいと思うかもしれません。

セキュリティ証明書の発行あり

これに関してはセキュリティ証明書が存在し、シマンテックというウイルス対策ソフトでもおなじみの会社からの発行を受けています。

従ってセキュリティが万全に管理されていると言っても過言ではないです。

もっともサイトのURL表記においても、httpではなくhttpsとURL表記が始まっているのを知ることができます。

これはSSL通信を採用していることの証明であり、データのやり取りではすべて暗号化して送信を行っていると解釈することができます。

第三者のハッカーが途中で、そのデータを取得してもすべて暗号化されているので、それを解析する上では莫大な労力を必要とする流れになります。

よってこの点でもセキュリティ確保がされていると判断しても過言ではなく、登録した個人情報が外部に漏れてしまう心配は存在しません。

ユーザーができるセキュリティ設定

なおセキュリティ設定に関しても自由自在に設定することもできるので、例えば撮影した写真を公開するか非公開にするかも自由に決めることが可能です。

他にもプロフィールを随時、変更することもできたり、掲示板を掲載したり掲載を停止したりすることもできます。

またよくアクセスする端末から利用する場合には、自動的にログインできる機能を搭載しているため、セキュリティに優れていながらでもアクセスがしやすいメリットも存在します。

個人情報も外部へ流出するリスクも少なく、しかも年齢確認などを行っているため、法律に違うことなく男女の出会いを実現することができるため安心して利用することが可能です。

まとめ

個人情報やクレジットカード情報を登録するハッピーメールのセキュリティは大丈夫か?について解説しました。

きちんとセキュリティ会社を利用しているため安心して使えます。

またユーザー側でも写真など個人情報の公開制限するなどのセキュリティ設定が可能なので、不安がある人は設定しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です