ハッピーメールのメモ編集を活用しよう!

ハッピーメールメモ編集機能の活用法

優れた機能盛りだくさんのハッピーメール

男性でも女性でも登録を行い、活動を展開すれば新たな出会いを探すことができるサイトがハッピーメールの魅力です。

サイト内でメールでのやりとりをしていて仲良くなれば、別にメールやLINEを教えあってサイト外でやりとりすることも黙認されております。

メモ編集機能

もっともハッピーメールの優れた機能にはメモ編集できる機能があり、これは気になった相手をメモすることでピックアップすることが可能です。

登録を行えば、様々な方からメールをもらうケースが多くなります。

今は特に気にしていなくても、後に機会があればやりとりをしようとマークしておきたいケースでは、メモ編集でメモを残しておけば、いつでもその方を確認することも可能です。

ブロックしたい相手はメモ編集でチェックしておこう

もっともハッピーメールの強みは、嫌な相手であればブロックできる機能があります。

そのブロックできる機能とは簡単に言えば無視であり、200名の方を登録することが可能になります。

ただこうした嫌な相手を管理する点で優れているのは、無視した理由を一言メモにしておけば、なぜ登録を行ったかをいつでも知ることができます。

ハッピーメールを頻繁に使っている方は、業者や美人局、地雷ともいうべき相手に遭遇することもあります。

他にもストーカーまがいで執拗な嫌がらせを行ったり、用もないのにメールを送り付けたりするケースが存在します。

したがってメモ編集でそういった相手をメモをしておけば、どういった経緯で無視リストに登録したかを知ることが可能です。

一度、メモ編集を行っておけば半永久的に残る形になりますので、将来の出会いに参考にすることもできます。

見ちゃいや機能

また見ちゃいやリストという便利な機能も存在するのが、ハッピーメールの優れた点です。

見ちゃいやは、相手と仲良くなってしまってもまだ出会いに結びついていない場合に、その相手に自分の活動のことを知られないために登録することができる機能です。

仲良くなった相手に、自分とやりとりしているのに別の人ともやりとりをしているといったことがバレてしまうのを防ぐ目的で登録されます。

仲良くなった相手を登録しておけば、当然に自分が書いた異性募集の掲示板を読まれる心配がなくなるわけです。

もちろん見ちゃいやの登録も一覧で掲載できる形になり、メモ編集でメモを残すこともできます。

つまりそれに登録した理由を記載しておけば、どうして登録を行ったかの理由を知ることも可能です。

多くの方とやりとりをする中で管理しきれないことを防ぐ目的でメモを利用することができるので、より良い出会いを実現する上では利用した方が良い機能になります。

まとめ

ハッピーメールで用意されている便利機能の1つ「メモ編集」の内容と活用方法について解説しました。

メモ編集で気になる相手や業者など関わりたくない会員を管理して、余計な手間を省くことで効率よく出会えるようになるでしょう。

日常的にも大事なメモするクセをハッピーメールでも身につけておくといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です