ハッピーメールで好印象を与えやすい最初のメッセージとは?例文や送り方を紹介

ハッピーメールでの最初のメッセージ内容

高確率で出会えるハッピーメール

今や恋活、婚活はさほど特別なものではなくなり、マッチングアプリはもちろん相席屋など気軽に相手を探せる時代となっています。

もし出会いがないとお悩みであればハッピーメールを使ってみてはいかがでしょうか。

ハッピーメールでは大学生から社会人で、毎日出会いはもちろん暇つぶしにも最適です。

あらゆる出会いをサポートしてくれているのですが、このハッピーメールでは最初のメッセージはどのようなものが良いのかその例文や送り方について紹介していきます。

出会える率アップ!メッセージを送るときのポイント

気に入ったポイントを最初のメッセージでしっかりアピール

基本的に最初のメールで自分の思いをぶつけすぎると良くありませんが、自分が相手に対して好意的な印象を受けたことや興味があることはしっかりとアピールしておきましょう。

例えば「写真を見ていいなと思いました。良かったら仲良くしてください」と言った具合で相手に挨拶がてら連絡してみてください。

2~3通目で少しづつ相手を知るためのメッセージを

また、最初の2~3通は掲載されている情報を踏まえて少しづつ相手のことを聞いていきましょう。

いきなり恋人になってくださいという直接的なアピールをしてしまうと相手もびっくりし、不信感を植え付けてしまうだけでそこからの発展が望めなくなります。

お互いが会っても良いかなという感触が得られるまでは我慢しましょう。

いくらハッピーメールが出会いを求める場とはいっても、順序は大事です。

相手も恋人を探してるんだしこれくらい大丈夫でしょ、と頭でっかちに考えるのは厳禁。

差しさわりのないメッセージのやりとりが最初は肝心です。

YES/NOで返信しやすいメッセージを送ろう

もし住んでいる地域が近く、イベントがあるようでしたら「今度〇〇というイベントがあるようですが、今まで行ったことはありますか?」という話をしても良いですし、「自分は映画が好きなのでよく映画館へ観に行きますが、お勧めの映画はありますか?」という相手がYESかNOで返事しやすいメッセージを送ることも大切なポイントです。

2択でこたえられるため相手が断りやすくなるメッセージ形式でもありますが、最初は相手に自分を知ってもらうことで好印象を与えていきましょう。

自分を知ってもらえれば相手も心を開いて色々な会話が弾んできます。

挨拶で礼儀正しさをアピール

最初のうちはメッセージの最初に「こんばんわ」や「お疲れ様です」といった挨拶を付けることで好印象を与えることが出来ます。

小さな一言ではありますが、ただダラダラとメッセージをやり取りするのではく、その日の最初のメッセージには必ず挨拶を付けることで印象も随分と変わってきますので、ぜひ実践してみてください。

相手を思いやる気持ちが一番大事です

出会いの方法として様々な方法がありますが、根本的には相手を気遣う気持ち、思いやりを忘れていはいけません。

思いやりを忘れなければ相手には必ず好印象を与えることが出来ます。

今も昔も根本的なところは変わっていませんので、それを忘れずに楽しいハッピーメールのやり取りをしてみてください。

まとめ

ハッピーメールで最初のメッセージを送るときとその後のやりとりのポイントを紹介しました。

あなたの第一印象を決めるメッセージでもあるので、スパッと簡潔な内容にすることが大事です。

あなたが気に入ったこと、やり取りしたい気持ちを短くまとめたメッセージに仕上げましょう。

それが難しいんです!と思うかもしれませんが、やはり最初は慣れも必要です。

絶対に失敗したくないと考える人も多いものですが、慎重になりすぎてもやりとりがスムーズにいきません。

行動を起こすことを最優先にしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です