ハッピーメール facebook取得データエラー

Facebookアカウントでハッピーメール登録時にデータ取得エラー

facebookアカウントでも登録できるハッピーメール

優良出会い系サイトで有名なハッピーメールは、都道府県と年齢、ニックネーム、電話番号で登録できますが、facebookをやっている人ならそのアカウントを利用して登録すると楽に登録できます。

既に登録されている情報をハッピーメールが取得する仕組みになっていて、わざわざ入力する手間を省けます。

もちろん利用してもfacebookの画面状には一切情報が出ませんので、周りに知られたくない人でも安心です。

伝えたくない情報は、「編集する」をタップして誕生日・居住地・メールアドレスのチェックを外すことが可能です。

稀にあるfacebookデータ取得エラーの対処法

facebookを利用すればとても便利ですが、登録しようとすると稀に「取得データエラー」と表示されることがあります。

データ取得エラーになる原因は二重登録にあり

取得データエラーが表示されたらそのままでは利用できないのですが、理由としては以前facebookアカウントで登録しており、その時の電話番号やメールアドレスが同じであることが考えられます。

以前のデータと同じ情報で登録を試みると、ハッピーメール側はそのユーザーを2重登録するつもりだと判断してしまい、不正案件として処理されるためです。

現在他のアカウントを持っていない場合には他の方法で登録するのが解決法ですが、可能なら新しいアカウントを作成してそのアカウントで登録するのも良い方法です。

新たに作成する場合でもそれほど手間はかかりませんので、短時間で登録を済ませることができますし、一度処理をしてしまえばその後は便利に利用できます。

こういった出会い系サイトではfaceookを利用する際には友達の数が少ないと使えないなどの制限を設けていることがありますが、ハッピーメールでは友達が一人もいなくても登録できます。

つまり、たった今作ったものであっても、問題なく使えるということです。

取得データエラーは、以前にも利用したことのある人に起こる現象です。

前に利用していた人はその時の情報を思い出してみて、重複するかを考えてから処理を行うとスムーズに済みます。

エラーの文字が表示されると慌ててしまいますが、理由はこんなにも簡単なことであり、原因を知っていれば対処法も分かりますので慌てる必要はありません。

表示された文言だけを見て判断すると、アクセスできなくてデータ取得不可能な状態に陥っていると錯覚しがちであり、通信トラブルなどを疑ってしまう人もいます。

稀ではありますが、過去に登録済みの人は知っておいた方が良いエラーです。

まとめ

facebookでもアカウント開設できるハッピーメールで、データ取得エラーになってしまった時の原因と対処法を解説しました。

データ取得エラーは過去にすでに登録したことがある場合がほとんどです。

当てはまってしまった場合はfacebook以外の方法で登録するのがいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です