イククルへの問い合わせ方法は?電話番号は?

イククルの問い合わせ方法

日本で最大級の会員数を誇る出会いのイククルは、既に累計1300万人以上の利用者を記録している大手サービスです。

匿名で出会いを楽しめることから、今では全国的に知名度が高まって、利用者が右肩上がりに増えている状況です。

会員登録や利用はスマホで完結するので、簡単にサービスの利用が始められますし、安全な環境を実現するサポートが充実しているので安心です。

具体的な安心と安全の取り組みとしては、スタッフが常駐する24時間年中無休の監視体制と、電話とメールの両対応が挙げられます。

また、個人情報の管理が徹底していますから、大切な情報がしっかりと守られる安心感があります。

そんなイククルではありますが、利用者が多ければトラブルにあう可能性も高くなるもの。

また面倒ごとではなくても、疑問があったり質問したくなることはあるでしょう。

そこでイククルへの問い合わせ方法や電話番号について解説していきます。

イククルの問い合わせ方法は?

電話で問い合わせるときの電話番号は?

電話窓口も24時間体制の年中無休で、いつでも気になることを気軽に問い合わせられます。

電話番号は「078-252-6667」ですから、いわゆるフリーダイヤルではないですが、それでも昼夜を問わず問い合わせできる窓口があるのは心強いです。

メールでの問い合わせよりスピーディー

メールも24時間受付ですし、電話より心理的なハードルは低いものの、回答の返信が行われるまでにタイムラグが生じます。

直ぐに解消したい疑問がある、あるいは知りたいことがある場合は、電話窓口の方が迅速な対応に期待できるでしょう。

イククルの電話窓口は、携帯電話やPHSにも対応しているので、端末の種類に関係なく問い合わせることが可能です。

ただ、年末年始といった特別な期間中は、営業時間が変更になる可能性があるので注意です。

特に夜中や早朝に電話をする場合は、電話番号を間違えないように気をつけましょう。

イククルのサポート体制

電話もメールも、会員に限らず利用できますから、会員登録やサービスの利用を始める前でも問い合わせOKです。

オペレーターはサービスに精通している専任のアドバイザーで、皆高いスキルを身につけているのが共通点です。

24時間いつでも、納得と安心の回答が得られるように、日夜様々な質問を想定したり備えています。

個人情報を預けるのが不安、会員登録の手続きが完了しない、サービスの利用方法が分からないといった初歩的な質問もできます。

イククルは、不安の解消こそが信頼の第一歩と考えているので、窓口を充実させたり気軽に誰でも利用できる環境を整備しています。

複数の窓口といっても、質問内容によって電話番号が分かれているようなことはないです。

電話番号もメールアドレスも1つずつなので、種類ごとに見ればそれぞれ1本化されていることが分かります。

問い合わせる前に良くある質問をチェックしよう!

イククルでは、問い合わせの手間を減らす目的で、一度良くある質問と答えの確認を推奨しています。

電話認証ができない、登録後にメールが届かないなどの質問は、文字通り良くあるものです。

ログインが上手く行かず困っている、パスワードを忘れてログインできないのも定番の質問です。

これらは高頻度で発生する質問なので、だからこそ代表的な問い合わせの質問を事前に、答えの確認を行うことが推奨されているわけです。

良くある質問を確認しても問題が解決しない場合、その時に初めて電話かメールで尋ねるのが正解です。

電話番号は1つですが、これは運営会社を代表する窓口で、イククル以外の質問についてもこちらが窓口となっています。

代表者個人の電話番号や、FAX番号などは公開されていませんから、改めて078-252-6667が唯一の電話窓口だと結論づけられます。

一方、メールで質問する場合は質問別のフォームが利用できますが、いずれも届き先はお暗示です。

メールアドレスは公開済みなので、一覧にない質問も問題なく行えますし、直通で質問できるので便利です。

このように、イククルは1本のみの電話窓口を利用するか、フォームや直通のメールアドレスに送ることになります。

マナーを守って利用しましょう

電話・メールのどちらも予め質問と答えに目を通しておくのが、運営会社やオペレーターに対するマナーとなるでしょう。

24時間受付だと、ついついあって当たり前の存在と考えがちですが、窓口の向こう側にはオペレーターが待機しているのを忘れたくないものです。

日付が変わる前後の時間帯や、まだ夜が明けない時間は寝ている人が多い時間帯ですから、くれぐれも番号を掛け間違えないように注意が必要です。

できれば日が昇って明るくなってからの方が、質問の内容を整理したり、分かりやすく簡潔にオペレーターに伝えられます。

窓口が夜間も営業しているのは、サービスの利用者に安心感を与える為で、電話をしても繋がらないという状況を避けるのが理由の1つです。

番号を1本化している以上は、常にオペレーターが常駐していますし、より確実に繋がるように配慮されます。

1300万人もの利用者に対応する必要があるので、サポート体制は万全に整えられており、いつ電話をしても繋がるようになっています。

ただし、掛け間違えた場合は別ですから、必ず公式サイト記載の番号確認が大切で、番号をスマホに登録しておくのが良いでしょう。

メールアドレスも同様に登録を済ませておけば、必要になった時に直ぐ質問をまとめて送信できます。

まとめ

イククルへの問い合わせ方法を紹介しました。

電話とメールに対応しているので好きな方で問い合わせましょう。

急いている人は電話になると思いますが、急ぎだからと言ってよくある質問ページをチェックせず電話することはおすすめできませんし、電話番号を間違える可能性も上がります。

「お客様は神様」ではないので、最低限のマナーを守って利用したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です