ワクワクメールの禁止事項で最低限知っておきたい項目まとめ

ワクワクメールの禁止事項

気軽に出会いを探せるワクワクメール

最近出会いがなくつまらない生活を送っている人にとってマッチングアプリはとても魅力的で、自分の性格と合った異性を直ぐに見つけられるので大変人気があります。

異性であればそれで良いと言う考えだと会ってみて違和感を感じることもありますが、予め自分の性格に見合った人を探せるマッチングアプリを利用することによりそういった不安を取り除けます。

そのため最近ではマッチングアプリを使って自分と気の合いそうな異性を探す人が増えていますが、中でもワクワクメールは気軽に利用できるので人気があり多くの人が登録しています。

ワクワクメールの良さはリーズナブルな料金で質の高いサービスを受けられる点で、本気で恋人を探している人が沢山登録しているので比較的簡単に素敵な異性を見つけられて大変便利です。

先ずはプロフィール登録をして自己アピールをすることになりますが、そこには顔写真や身長、職種やキャリアなど必要な情報を沢山載せます。

特に自己紹介は大変重要で書き方によって見てくれる人の数が変わって来るので予め書くことを考える必要がありますし、親しみやすいニックネームにすることにより興味を持ってくれる人の数を増やすことが可能となります。

禁止事項のチェックも忘れずに!

ただワクワクメールを利用する際には禁止事項があるのでこの点に関しては十分に注意する必要があります。

例えば援助交際や売春、買春などは固く禁止されていますが、それ以外にもいくつか注意点があります。

そこでザックリと禁止事項を紹介しておきます。

禁止事項その1 個人情報の書き込み

LINEIDや住所、電話番号など個人情報を掲示板などに書き込む行為は禁止されています。

禁止事項その2 未成年と思わせる内容

ワクワクメールは未成年が登録できない仕組みですが、未成年を求める会員はいます。

そんな会員をターゲットに自分が未成年であるかの如く勘違い貸せる書き込みをする行為は禁止です。

禁止事項その3 場違いなアダルトな内容の書き込み

ワクワクメール内にはアダルトOKのサービスもありますが、そうではない掲示板などもあります。

そういったところへのアダルトな内容の書き込みは禁止されています。

禁止事項その4 広告・宣伝など営利目的の利用

業者などが自社ホームページへ誘導したり、会員を自社サービスを紹介する行為は禁止です。

禁止事項に触れている会員がいたら連絡しよう

このようなトラブルに巻き込まれる人をなくすために24時間365日体制でサイト内パトロールを行っていますし、困ったことや疑問に思ったことについて何時でも気軽にカスタマーサポートメールや電話などで相談できます。

トラブルに巻き込まれた場合にはどのように問題を解決したら良いか分からず困ってしまうこともありますが、連絡をすれば直ぐに対応してもらえるので何も心配することはないです。

禁止事項をよく確認することも重要で利用規則を破るような行為をすると大変なことになりますし他の人に迷惑をかけることにもなるので、行ってはいけないことをよく確認して利用する必要があります。

様々な機能が付いているのでそれを上手く活用すれば素敵な人と出会える可能性が広がりますし、無料でできる機能もあるのでそれほどお金をかけることなく利用している人もけっこういます。

このようにワクワクメールはサービス内容の充実したマッチングアプリなので人気があり多くの人が利用していますが、楽しく使うためにも禁止事項をよく確認してしっかりと利用規約を守ることが大切です。

まとめ

ワクワクメールの禁止事項について紹介しました。

あきらかに法的に違法な行為は当然NGとなりますし、アカウントを複数持つ、アカウント倍々などもNGです。

自分くらいならいいか、と思わず禁止事項に挙げられているものはやらないようにしたいですね。

そして禁止事項を犯しているほかの会員がいたら、すみやかにワクワクメール運営側に連絡しましょう。

出会いの場を健全に保つためには大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です