ワクワクメールを退会したら持ってたポイントはどうなる?

退会したらワクワクメールポイントについて

ワクワクメールの退会とは、いわゆる解約のことです。

ワクワクメールは登録無料のサイトですので、いっさいポイントを購入したことがない人はなにも気にせずに退会できます。

問題となるのは、お金を使ってポイントを購入していた人の場合です。

そこでワクワクメールを退会することにあった時、使っていないポイントはどうなるのか?について詳しく解説していきます。

保有ポイントはどうなる?ワクワクメール退会時の注意点

女性は完全無料なのでこれは男性会員だけ心配する点でしょう。

ワクワクメールではお友達紹介で300S、アフィリエイトで1人登録すると480Sがもらえます。

Sとは「サービス」のSであり、これもサイト内で使える通貨のうちの1つです。

ポイントとほぼ同じ用途で使えますが、ワクワク動画でのみ使えません。

また、Sは入手してから180日で失効してしまうという点も注意です。

それでは本題に入っていきましょう。

退会しても1年間はポイント保持

公式サイトには、「退会後1年以内に再登録した場合、ポイント(P)をそのまま引き継いでご利用頂けます」と書かれています。

サービスポイントも180日の期限内ならOK

Sについては書かれていませんが、インターネット上の口コミや体験談を見てみると、180日の有効期限以内であればSのほうも復活するそうです。

つまり、ほとんどデメリットはないので安心して退会できるということです。

退会時の注意点

注意点としては、会員情報は電話番号と紐づいているので、電話番号が変わってしまっていると再登録ができず、新規登録となってしまうことです。

新規登録では120Sがもらえるので、残りのポイントが少ない人はそっちのほうがいいかもしれませんね。

規約違反での強制退会は復活NG

ワクワクメールでは規約に違反してしまうと強制解約させられてしまいます。

「無修正のアダルト画像を投稿」「他ユーザへの暴言」「誹謗中傷」「援助交際」「外部有料サイトへの誘導」などが該当します。

近ごろは「パパ活」という言葉を使って援助交際を正当化しようとする女性もいますが、「パパ活」も援助交際と同じとみなされてしまうことがあるので注意です。

強制解約となった場合、同じ電話番号では再登録ができなくなります。

つまり、PもSも復活しないということですので気を付けておきましょう。

再登録時の注意点

再登録では無視リストも引き継がれるので、基本的にはデータがそのまま復活すると考えておいてよいです。

ただし、「スマイルや足跡は全て削除」「ステージ特典はリセット」など一定のデメリットもあります。

デメリットはほぼなしと解説しましたが、逆に放置をするデメリットもほとんどありません。

もう利用する予定がないという人でもなければそのまま放置のほうがいいかもしれません。

利用しないと思って退会をしたが再登録をしたいという人にとっては「1年以内ならデータの引継ぎがある」のはうれしい仕組みです。

まとめ

ワクワクメールで使えるポイントは退会するとどうなるのか?について解説しました。

比較的会員思いなサービスを提供してくれているワクワクメールだけあって、退会してもすぐにポイント消滅とはなりません。

通常ポイントなら1年以内の再登録で再び使えるようになるので覚えておくといいですよ。

またサービスポイントは手に入れてからの有効期限が180日なので、退会時殻ではないことは注意しておきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です