ワクワクメールの承認基準は?アフィリで稼ぐ方法

ワクワクメールアフィリの承認基準について

アフィリエイトで稼ぐこともできるワクワクメール

ワクワクメールのアフィリエイトとは、紹介することにより報酬をもらう仕組みをとっています。

ワクワクメールでアフィリエイトをやる方法はとても簡単です。

トップページからアフィリエイトの文字をタップすると紹介用のURLが与えられ自分専用のアフィリエイトコードとなっています。

このURLにアクセスするとワクワクメールにトップページにつながりますからそこから登録してもらうことで報酬が発生します。

アクセス数の確認や登録者の都道府県なども月単位で細かく調べられるような仕組みになっています。

発生報酬は承認されないとお金になりません

出会い系のアフィリエイトは、登録されてもなかなか承認されないという悩みを抱えている人も多いはずです。

だいたいは手動商人からスタートすることになります。

せっかく登録されTも承認にならなければ報酬には結びつきません。

手動承認としては、大きなキーワードは「成果地点」と「承認基準」です。

成果地点とは?

成果地点とは管理画面に成果として反映されるための基準です。

手動承認の場合はさらにそこから審査が入り承認されて初めて報酬になります。

無料の会員登録で成果地点で1件発生するといった仕組みです。

承認基準とは?

承認基準とは、ワクワクメールにおいては登録ユーザーがどこまでアクションを起こしたら承認されるのかという基準のことを指します。

この成果地点まで達成しなかった成果は非承認ないしは審査中のままになってしまうのです。

承認率を左右するのはこの承認基準が問題になってくるわけです。

ワクワクメールを運営するメリットは、会員に課金してもらい利益を出すことであって会員を増やすだけでは意味がありません。

運営サイドの側から見れば、登録だけで終わるユーザーよりきちんと年齢認証をしてくれたりするユーザーの方が課金してもらえる確率は高くなります。

ユーザーの登録後の動きは全て承認基準で反映されていると考えたほうがいいです。

意欲の高いユーザーが検索するようなワードを狙った記事を作成したりして、課金につながる承認基準を増やしていくことになります。

実際にアクセス数が集まりだすとかなり承認数が増してくるのが分ります。

承認率の向上は、自分のためでもあるし、ちゃんと使いこなすことでユーザーのためにもなります。

ユーザーが日々このシステムを利用して課金を増やしてくれることが運営上は一番いいわけであり、そのためのフォローをしてサイトに反映していくことになります。

きちんと使ってもらって課金もしてもらえるのが運営サイドが基準を決めていく目安となっていることは間違いありません。

まとめ

ワクワクメールで使えるポイントや厳禁も稼げるアフィリエイトの承認基準について紹介しました。

自分の持っているブログやホームページなどでワクワクメールの広告を貼り、そこから会員登録サれるともらえる報酬。

これには承認基準がありますが、登録してくれたユーザーが基準を満たすまで使ってくれるよう上手に誘導してあげることも大事ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です