ワクワクメール アフィリエイトの承認基準は?承認率は?

ワクワクメールアフィリエイトの承認基準や率について

ワクワクメールは数ある出会い系サイトの中でも有名なところですが、アフィリエイターとして利用をしている人もいます。

そしてアフィリエイトは、公式サイトだけじゃなくASPというところでも可能です。

ASPとは広告を扱う企業のことで、アフィリエイトしたい人はASPに登録することで、扱われている広告から好きなものを選んで紹介→売れたら報酬を受け取ることができます。

承認基準や承認率はASPによって異なりますが、男女無料会員登録1件につき3,000円前後が相場となるようです。

ただし自分の紹介した広告が売れても全部承認されるわけではありません。

ひどい広告だと10%といった低い承認率だったりすることも。

当然そんな広告はASPにとってもアフィリエイターにとっても不利益なだけなので良い結果は得られないでしょう。

そこでワクワクメールをアフィリエイトするときの承認基準や承認率についてまとめました。

ワクワクメールアフィリエイト時の承認状況は?

承認状況はASPにより違う

ASPによっては全承認プログラムを採用しているところもあるようです。

全承認プログラムではワクワクメールに登録があれば基本的にすべて承認するというものです。

一方の通常プログラムでは男女無料会員登録があってもすぐには承認されず、きちんと利用をしているか、すぐに退会していないかなどをチェック、その後に承認されます。

どちらが有利かは報酬にもよりますが、ワクワクメールは利用者が定着しやすい人気のサイトなのでそれほど気にする必要はないと思われます。

だいたいの承認率は?

承認基準は公開されていませんが、18歳以上で異性と出会う意欲を持っている人なら基本的にクリアとなるのではないでしょうか。

ワクワクメールのアフィリエイトの承認率は68%程度と言われています。

全承認が2,500円、通常が4,000円なら通常プログラムのほうがお得ということです。

ワクワクメールのアフィリエイトには実はもう1つ方法があります。

それはASPを使わずに直接提携するという方法です。

この場合、通常プログラムとなりますが報酬は無料会員登録1件につき4,000円です。

5件確定しないと報酬が支払われないというデメリットもありますので、総合的にASPとどっちが良いか決めればいいです。

広告を掲載するサイトの基準について

サイトにも一定の審査基準があります。

18歳未満の登録をうながすような記事などははじかれるでしょう。

一番大切なのは訪問者数を増やすようなサイトを作成することです。

常識的なルールさえ守っていれば審査ではじかれる可能性は低いです。

よくあるのが18歳未満の登録をうながす、援助交際などの違法行為をほのめかす、出会いを求めていない人に嘘をついて登録させようとする記事などです。

こういったポイントを回避することはそう難しくはありません。

それよりも訪問者数を増やす魅力的なサイトを作るほうがよほど難しいです。

攻めるキーワード選ぶが大事

次にキーワード選定も重要です。

「出会い系、おすすめ」といったキーワード選定ではあまりにライバルが多すぎます。

検索サイトで検索してもらって上位に来るようなキーワードを考えましょう。

狙っているキーワードによってアフィリエイトの報酬額が大きく変わってきます。

あとはとにかく経験を積んで、改善を重ねることです。

まとめ

ワクワクメール公式やASPで提供されている稼ぐ仕組み「アフィリエイト」の承認基準や承認率について紹介しました。

お金を稼ぐのは簡単じゃありませんが、副収入は十分に狙える仕組みです。

帰宅後の空き時間や休日など、副収入狙いでチャレンジしてみてもいいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です