ワクワクメールがサーバーエラーになったときは?

サーバーエラー時のワクワクメール対応について

ワクワクメールは理想の相手と出会えるシステムと、24時間365日のサポート体制で安心して利用できることから業界最高クラスの人気サービスとなり、会員数はついに530万人を突破すると言う巨大出会い系サイトに成長を遂げました。

公表されているデーターでは、1日平均の新規会員登録者数が約1600人以上、書き込み数が2万件以上、1日の閲覧数が約1000万PV以上と単なる登録者数が多いだけではなく実際に行動しているアクティブユーザーが多いことが分かります。

このことからも理想の相手と出会いたがっている会員が活発に活動しており、マッチングが成立する確率を高めることに繋がっています。

そんな楽しい世界が待っているワクワクメールですが、時折サーバーエラーが発生しログインしたりサービスが利用できなくなるケースがあります。

そこでワクワクメールのサーバーエラーはどんなときになるのか、対処法は?などについてまとめました。

サーバーエラーでワクワクメールが使えない!理由や対処法は?

サーバーエラーになる理由

システムメンテナンス

サーバーエラーになるひとつはメンテナンスで不定期で平日の深夜から朝方にかけて行われ、この間にアクセスするとサーバーエラーが表示されることがあります。

ワクワクメールのメンテナンス内容の詳細は公表されていませんが、一般的には大切な会員のデータのバックアップ、サーバーの消耗部品や故障箇所の点検を行い問題があれば新品のパーツに交換するなどが実施されます。

対処方法は?

メンテナンスが予定されている場合には実施日の1週間程度前からトップページの新着情報に掲載されており、事前に予定を立てるなどして備えることができます。

イレギュラーなトラブル

もうひとつのサーバーエラーの理由は、イレギュラーに発生するトラブルが原因であるケースです。

ワクワクメールはリーズナブルな料金でサービスを提供するという意図から、設備投資のコストを抑えるというコンセプトでした。

サービス開始当初にはほぼ問題がなかったものの、大きな転機となったのが2011年9月からプロフィール閲覧が無料で行えるようになった時期です。

この施策によって多くのユーザーが無料でも理想の相手に出会える可能性が広がりましたが、その一方で登録者数が急増し、その後は年を追うごとに右肩上がりに増え続けています。

そのためサーバーの処理能力が追いつかず、最もアクセスが集中する深夜0時付近やお昼休みの時間帯にはサーバーエラーが発生することがあります。

対処方法は?

現時点ではサーバーの増強や移転などの予定は無いため、会員の側で行えるのは混雑する時間を回避して空いている時間に試すと言うのが唯一の方法です。

しかし、それだけアクセスが急増しているということはその中にまだ見ぬ理想の相手が含まれている可能性もあるため、サーバーエラーの解消を根気強く待ちたいところです。

まとめ

ワクワクメール利用ができなくなるサーバーエラーが起きたときの理由や対処方法を紹介しました。

サーバーエラーが起きてしまったらできることはありません。

復旧するまで待ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です