ワクワクメールの危険性は?

ワクワクメールの危険性について

ここでは出会い系サイト「ワクワクメール」を利用するにあたって気になる危険性について紹介していきます。

危険性は?ワクワクメールは大丈夫?

ワクワクメールのような出会い系アプリの場合、やはり危険性はあちこちに潜んでいます。

出会い系アプリでなくても、インターネットを利用する場合にはいろいろな危険性があるというのはもはや常識でしょう。

それに加えて、出会いという人と人が関係することであり、かつ普通に暮らしていてはなかなか手に入らないからこのようなアプリを使うわけですから、この点につけこもうとする悪質な人も一定数混じってくると思っている必要があります。

危険性は人によってさまざまです

なかなか手に入らないものだけれども、このようにすれば手に入るよとうまい文句で誘導したり、あるいはよい出会いが見つかったと思わせておいて実は騙そうとしていたり、詐欺的行為をしてくる場合もあるかもしれません。

もっとたちの悪い人であれば、出会った後に隙をみて直接的な暴力や脅しに訴えてくることもあるかもしれないのです。

このように、一口に危険性と言っても一律の、同じような性質のものではありません。

人が他の人に対して何か悪いことをしてやろうとする手口にはそれこそ枚挙にいとまがなく、いわゆる振り込め詐欺で次々と新しい手口が生まれてきているのと同じことです。

同じような危険であれば誰でも避けやすいですが、手口はいろいろと変わりますし、当然ながらここに挙げたものだけが類型とも限りません。

それら全てに敏感にならないと、余計なトラブルに巻き込まれたり、時間やお金を失うことになったり、心理的にも身体的にも傷ついてしまうこともあります。

どんな危険性が潜んでいるのか?種類を知ろう

ここまで、かなり脅すようなことを書いてきたかもしれませんが、あまりにもガチガチになり過ぎては出会える出会いもなくなってしまいます。

どんな危険が潜んでいるか完璧に網羅することは困難ですが、どのようなものが種類として多いのかを知り、その対策を知っていることは大きな力になるでしょう。

お金が目的のパターン

まずは、良い出会いを装っていながら、実はそれはこちらが求める出会いではなく、相手がこちらに求めるものは単にお金のみというケースが一つの典型例です。

具体的には、何かの商品を買ってくれればお付き合いをするとか、ここの会員になってくれればデートをするといったものです。

もちろんこんな露骨な言い方はまずありませんが、枝葉をそぎ落とすとこのようなことになります。

出会いの名を借りた営業活動、勧誘活動です。

ワンクリック詐欺

もっと単純なものでは、別の有料サイトに誘導し、そのサイトをクリックした途端に高額のサイトに登録されたとの表示がスマホ画面に現れて料金の払い込みを迫るといったものもあります。

ワンクリック詐欺と呼ばれています。

ワンクリック詐欺などは引っ掛かった瞬間にこれは出会いでも何でもなかったと分かるでしょうが、営業活動や勧誘活動などは、本当の意味の出会いとの線引きはなかなか難しいものです。

広い意味で相手の望みを叶えてあげるということであれば、本当の出会いでもこのようなことは当然あるというか、むしろそんなものが無いほうが不思議です。

要は信頼関係でしょう。

信頼関係も出来上がっていない段階から、普通に考えておかしい要求をしてくる相手は警戒すべき対象です。

初デートは二人きりになるのを避ける

また、メッセージの好感を通じてお互いのことをよく知るようになれば、一度実際に会おうかということになるのが自然な流れですが、このデートのときにも注意を忘れてはいけません。

そこまでネットでの関係でしかなかった相手です。

その印象がデートでも同じだという保証などないことに気をつける必要があります。

ここでも要するに信頼関係です。

何度か会ってみて、この人は信頼できると思えるようになるまでは、例えば相手と二人きりになるなどは避けるべきでしょう。

もしかしたら暴力や脅しに訴えてくる人かもしれないからです。

まとめ

ワクワクメールを利用する際の危険性について紹介しました。

どんな良いと言われるサービスも使う人によって悪用できてしまうもの。

ここも別のサービスに誘導するため、集客目的で会員登録している人もいます。

もちろんワクワクメール運営側が厳しく監視はしているものの、100%防ぐことは難しいのが現状です。

もしそれっぽく感じられたならそっっと距離を置きましょう。

また運営に通報することで安全性があがります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です