ワクワクメールの保存期間 他会員とのメールはどれくらい残しておけるの?

ワクワクメールでのメール保存期間について

やりとりしたメールデータには保存期間があります

ワクワクメールでは、受信したメールの保存期間が設けられています。

保存期間は?

受信したメールの保存期間は通常180日間となっており、それを過ぎると自動削除されるという仕組みです。

ワクワクメールは保存期間が180日間経過した後も、メール履歴を残す機能はあります。

ただこれは分かりにくいかもしれませんが、ワクワクメールのメール保存とメール履歴保存の2つは違っています。

メール保存について

メール保存はもともとデフォルトで搭載されている機能であり、メール保存機能はメール1通単位で保存されるわけではなく、会員ごとに保存されるという考え方です。

メール履歴保存について

一方、メール履歴保存機能のほうはデフォルトで備わっているメール保存期間にかかわらず、メールが削除されないように半永久的にメールを保存しておく機能のことです。

もしもお気に入りの相手がもしもいるときにこのメール履歴保存機能の「保存ユーザー」に登録することによって、その会員からのメールが期限が過ぎても保存できるようになっています。

保存ユーザー数には上限あり

保存ユーザーに関しては上限が設けられており、クラスによって保存できるユーザーの上限が変わってきます。

例えば、ノーマルクラスでは10人までしか保存することは出来ません。

しかし、ブロンズクラスだと15人・シルバークラスの場合は20人まで保存することが出来ます。

最上級のプラチナクラスの場合は30人まで保存ユーザーの所有が可能です。

ただ、プラチナクラスは月当り4万円近く課金しないと入れませんのでそこまでして入ったほうが良いかについてはあまり推奨されない面があることは覚えておきましょう。

このメール履歴保存機能は活用次第では便利となっています。

メール履歴保存を活用しよう!

残しておくと、しばらく連絡をとっていなかった相手と久しぶりに連絡を取るときなどに利用できるために便利です。

やり取りの成功ケースなどを残しておくことでも利用できます。

今後の出会いにつなげるための勉強資料として活用することも有効です。

ワクワクメールをもしも何らかの事情で退会したときにおいては、保存していないメール履歴に関しては90日程度で消去される仕組みとなっています。

ただ、逆に言えば期間内であれば再登録をしたときにメールも元通り復活します。

ただ、ワクワクメールは特に月額の利用料金がかかるようなサイトでもないため退会すること自体のメリットがあまりありません。

ですので、特に退会する理由がなければ使わなくなったらなんとなく放置しておいても問題はそこまでないでしょう。

まとめ

ワクワクメールでの他会員とやりとりしたメール保存期間について解説しました。

メール保存は会員ランクによって保管できるユーザー数に違いがあります。

また過去の履歴から学べることはたくさんありますので、もし半年経過しそうなら特別に保存しておけるよう設定を済ませておきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です