ワクワクメールで保証金詐欺ってあるの?

ワクワクメールで保証金詐欺にあわないようにするためにしたいこと

ここではワクワクメール利用で保証金詐欺などのトラブルに巻き込まれないために気をつけたいポイントをまとめています。

保証金詐欺はある?ワクワクメール利用時の注意点

サクラや悪質業者に注意

ワクワクメールを利用する際に気を付けるべきことは、サクラや業者となります。

残念ながら、どのマッチングアプリや出会い系サイトでも完全にサクラや業者がシャットアウトまでされているわけではありません。

時間とお金を無駄にしないためには、できるだけ早い段階でサクラだと見抜くことが、出会い系サイトを利用する上で必須となってくることは覚えておくようにします。

サクラの見分け方

それでは、サクラをどうやって見分けるのかという点ですがまずはメールでは会話のスキルもセンスも抜群に良く、または手馴れている女性がいます。

しかし会おうよと誘うと、まだ恥ずかしい・もう少し打ち解けてから会いたいなどと人見知りぶるような言動をみせるときにはまず怪しいと思って間違いはありません。

お金を要求するタイプの女性もいます。

こちらは、サクラというよりも援助交際・パパ活などといった目的で利用することが多いです。

残念ながら、犯罪に巻き込まれてしまうケースもみられるため気を付けなければなりません。

保証金を請求してくる女性も

マッチング後のやり取りでわくわくメールを退会になったのに、その後の連絡を取ってくれないのは酷いなどの理由で保証金を要求する女性もいます。

そうしたお金の要求は不正行為なので乗る必要は一切ありません。

お金をあげて安心感を与える手口も

中には、お金を要求するのではなくお金をあげようとする人もいます。

その際にも要注意で、お金をもらうための方法を、最初はもったいぶらせながらメールでよこしてくるのですがそこから贈与のために身元がハッキリした人じゃないとダメなどを言いながら、あなたの個人情報をキッチリ収集していくということが起きます。

振込のための銀行口座も要求されるでしょうが、そうした怪しいメールの指示には従わないほうが無難です。

そこから妙なサイトに登録させられ、お金をもらうための保証金をなぜか請求されるようになります。

こうした手口は詐欺にありがちなのですが、お金をもらうはずなのになぜか振り込んでしまうという報告例がみられます。

3万円とか5万円などけして安くはない金額を振り込むように指示されますがこのお金はあくまでも「保証金」なので、戻ってくるということを説明され騙されてしまう人は後を絶たないのが現状です。

もちろん保証金が戻ってくることはありません。

振り込んだ後には女性との連絡が途絶えることもありますが、そのころから大量の迷惑メールが届くようになっていきます。

中にはそこから女性と連絡がついたとしてもさらにそこから詐欺商法の勧誘に遭うなどして高額の被害にあってしまったり、自分の銀行口座が振り込め詐欺の口座に使われているなどといったトラブルに見舞われることもありますので要注意です。

まとめ

出会いのチャンスがたくさんあるワクワクメールですが、保証金を要求してくるなどの悪質な会員に騙されてしまう方もいるようです。

騙される人ほど「自分は大丈夫」と警戒心が薄かったりしますので、ここで紹介した傾向が相手に感じられたなら注意しておいて損はありません。

せっかく素敵な出会いが待っているワクワクメールなので、嫌な気持ちになって退会してしまっては意味がありません。

まずは相手とのやりとりから怪しいところがないか?を慎重に見極めていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です