Dine(ダイン)の特徴は?ワクワクメールとも比較してみた

ワクワクメールとDine(ダイン)比較

Dine(ダイン)とワクワクメールを比較

Dineはこんなアプリです

Dine(ダイン)トップ

高いデート率

Dineの優れているところはデートにコミットするというところがいい部分です。

どういうことかというと40%近くあるという高いデート率が優れた部分です。

マッチングができるとすぐに興味のあるお店を選びます。いいねをして興味のあるお店をお相手に伝えます。

日程の調整はすごく楽なので便利です。

日程が決まれば会う日を首をながくして待つだけです。

たったこれだけでデートまで行けるので、スピード感はあります。

相手とのやりとりが少ないのでスピーディ

ワクワクメールだとお相手とのやりとりが多くそういったわずらわしさを感じる方はDineのほうをおすすめします。

デートで行くお店も多くて場違いな飲食店は少ないのでお店で気まずくなることはありません。

メッセージのやりとりが面倒に感じたり会話が苦手な方はこちらのほうが楽です。

お店選びもラクラク

おしゃれなお店が多くてお店選びを自分でしなくてもいいのでその点も便利です。

しかもお店選びで失敗が無いのでお相手からも喜ばれます。

ステータス高めな会員が多い

ダインは会費が高いため比較的高収入な方が集まりやすいところです。

そのためその男性を狙って容姿のいいかたやキャリアのあるような女性も会員になっています。

機械学習機能あり

タイプの機械学習という機能があり自分がタイプを選んでいくうちにタイプを学習していってくれるので自分の嫌いなタイプは検索結果に反映されないので便利な機能です。

出来れば機械学習をしておいたほうが無難です。

検索結果も年齢や居住地で設定ができるのでそれもやっておきましょう。

Dineのデメリット

女性によってはデートそっちのけでおいしい物が食べたいやおしゃれなお店で食事したいといった方も少なからずいます。

会費が高くついてデート代も高くなってしまうところがダインの難点です。

ちょっとでも出会いのコストを下げたいといった人には不向きです。

もっと安くて色々な方と出会いたいというならワクワクメールのほうをお勧めします。

おごらされるだけになる可能性もあり

デメリットの面では男性が奢らされているだけになる可能性もあります。

男性からすると女性が本気で付き合っているかの判断が必要になってきます。

付き合っていくうちにご飯を奢らされているだけでないかの判断が重要になってきます。

デート直結型のアプリなのですぐに会える事ができるのですが1日に10人しかアプローチできません。

そのため慎重な吟味をしないといけません。

10人だからといって適当に選ぶと全然合わない人とデートしてしまう事もあります。

アプローチの選択は慎重に行ってください。

ワクワクメールはこんなアプリ(サイト)です

Dineーワクワクメールアプリ

会員数はDineより多い

ワクワクメールよりはDineのほうが会員数は少なめなのでお相手の幅が限られるところがあげられます。

やはり人数が多いほうが出会える確率も高くなり、尚且つ長くつきあえるようになる確率も高くなります。

少しでも自分に合った人を探すならワクワクメールに軍配が上がります。

しかしスペックの高い男性やかわいらしいお相手をみつけるならDineのほうになります。

いつでも気軽に相手を探せる

今すぐにでも会いたいや時間帯が深夜や早朝でお相手をみつけたいなら間違いなくワクワクメールになります。

男性は有料だが女性は無料で使えるワクワクメール

ダインには男性、女性共に同じ会費がかかるので何もかも無料で行きたいという方は向いていません。

しかし紹介制度があるので友人や知人を紹介すると1週間会費が免除されます。

続けて紹介できるなら月会費は必要なくなります。

どっちを選ぶべきか?

どちらのサイトも良いサイトなのですが、自分の目的に合ったサイトを使うようにしたほうがいいです。

どちらもいいところは多いのですが、安くて選択肢が多いサイトを選ぶなら「ワクワクメール」で、少し高くて質の高いお相手を選ぶなら「Dine」となります。

このあたりは自分の財政状況をよく考えて選びたいものです。

まとめ

男女ともに会費が必要ながらスペック高めの相手を探せるアプリ「Dine」と、手軽に出会える「ワクワクメール」を比較し、それぞれの特徴をまとめました。

最終的にはどのアプリを選んでも自分の頑張り次第で恋は成就出来ます。

頑張って恋を成就させてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です