ワクワクメール再開時に以前のデータを引き継ぐには?

昔使ってたときのワクメ活動データを引き継げるのか?について

今高い人気を集めている「ワクワクメール」を皆さんご存知ですか。

その人気の高さゆえにすでにユーザーとして利用されている方も多いかもしれません。

そんな便利で魅力的な「ワクワクメール」ではありますがなんらかの理由でサイトを退会してしまうこともあるかと思います。

そこで退会した後にまた使うことになった場合に、以前までのデータが引き継げるのかどうか?について解説していきます。

退会前のワクワクメール活動データは引き継げる?

活動再開は「再登録」から!

一度退会してしまったらもう二度と利用できないタイプのサービスも多い中「ワクワクメール」には嬉しい「再登録」機能が存在します。

この機能は何回でも使用でき機能なので極端な話同じ日に何度も退会入会を繰り返すことも可能です。

一方で「再登録」となると結局面倒な手続きが必要なのではないかというイメージからもういいやと思ってしまう方も多いかもしれません。

しかしその方法は基本的に非常にシンプルなのでぜひもう一度利用したいと思い立った時には「再登録」を利用するのが良いでしょう。

基本操作はスマートフォンからであってもパソコンからでも似ています。

最初に「ワクワクメール」のトップページに行きログインの下にある「再登録」をクリックあるいはタップします。

そしてその際には以前登録していた時に利用していた「電話番号」が必須な点には注意が必要です。

これがないと行えません。

また、その登録してある番号の端末向けの「SMS認証コード」が送られてくるので認証に対応している端末の所有が必要となります。

送られてきたコードを入力すればすぐに登録完了です。

基本的にそのほかも指示通りに操作すれば問題なくすぐに再登録を完了することができるでしょう。

再登録なら過去アカウント情報が引き継げます

なお、その際に特にこの「再登録」の利用をおすすめしたい理由として過去のアカウント情報の引き継ぎが可能な点があげられます。

つまりポイントなどのお金がかかわっていた情報などもしっかりと残るので引き続き利用するなら絶対に再登録での利用がおすすめです。

引き継げる期間あり&一部情報は引き継がれません

その際にはサービスポイントをはじめとしたポイントや虫リスト、メール履歴、つぶやき、掲示板の書き込み、マイリストなどが引き継げますがいずれも利用していた時同様その履歴を残せる期間に制限が設けられている項目がある点には注意が必要です。

また、このようにほとんどの情報が引き継がれているため退会時のアカウントの状態のままそのまま再開することができますが一部引き継ぐことができない情報がある点にはご注意ください。

具体的にはスマイルと足あとは引き継がれません。

また、「無視リスト」に関しては自分が入れた相手が入ってままなのと同時に自分が入れられている状態も変わりません。

その点を踏まえて再登録を活用しましょう。

まとめ

一度退会してしまったワクワクメールを再開するときに、以前のデータが引き継げるかどうか?を解説しました。

引き継ぎはできます。

ただし有効期限があり、スマイルやあしあとは引き継いでくれませんので気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です