ワクワクメールのアカウント作り直しは可能?

ワクワクメールアカウントの作り直しについて

ワクワクメールのアカウントをもし何らかの事情によって作り直しをしたいときにおいては、大前提になることをまずは覚えておきましょう。

まず、ワクワクメールの場合は電話番号一つにつき1つのアカウントしか取得することが出来ないという点です。

そして作り直しは可能です。

関連記事
>>ワクワクメールを格安SIM電話で登録

ただし、変えたい内容によってアカウントを作り直ししておく必要があるかどうか分かれます。

アカウントの作り直しがいらないパターン

ニックネームの変更

ニックネームを変更して気分転換を図りたい程度であれば、作り直しておく必要はありません。

その場合、トップページにあるニックネームをタップしてプロフィールの設定場面にアクセスを行い、そこで名前を変更するだけで済んでしまいます。

メールアドレスの変更

メールアドレスが乗っ取られたように感じるなど、不審なことがあった場合においてはメールアドレスの変更で対処することが出来ますがこちらも再度新しく登録する必要はありません。

メールアドレスの変更はプロフィールの変更でできますので、ニックネームの変更と同じやり方でメールアドレスを変えてしまえば大丈夫でしょう。

メールアドレスの変更については変えてしまっても、外からは分からないようになっているため問題はありません。

携帯の電話番号の変更

では、携帯電話の電話番号が変更したときにおいてはどうなるのかというと、こちらは一度削除したうえで再登録する必要があります。

また、コールセンターに電話するなどをしておくとよりスムーズでしょう。

アカウントの作り直し時のポイント

別に今までのアカウントにこだわる必要がなく、心機一転ではじめてみたいという人も中にはいます。

その場合は、作り直ししても問題はありません。

また、作り直すようにしておいたほうが新規で無料ポイントがまたもらえたりしますので便利な場合もあります。

複数のニックネームを使いまわしたいなどの理由を持つ人もいます。

理論的には、電話番号を2種類もっていればそれは可能です。

ただし、SMS認証は現在は行われておらず電話で認証ができることが大前提となりますので覚えておくようにしましょう。

それでは、なんらかの理由によって運営から規約違反によって使うことが出来なくなってしまった場合においてはどうなるのかというとこれは2つのケースに分かれます。

まずは一時停止された場合で、この場合は運営に事情を説明するなどをすれば復活することが多いためそこまで問題はないでしょう。

大会の手続きは特に必要はないです。

問題は強制退会処分を受けたときで、その場合には再度復活することは出来ません。

ですので、規約違反が一時停止処分までで済ませられるようにすることが重要です。

ただ、そうした強制退会の有無を決める判断は運営側だけが行うことは覚えておくようにしましょう。

まとめ

ワクワクメールアカウントの作り直しについて解説しました。

作り直しは問題なくできますし、電話番号が複数あるならいくつものアカウントを持つこともできます。

状況によって対応は変わってきますが、退会→再登録しなくてもいい場合もあるので、一度きちんと確認してから対応しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です