マッチングアプリは40代の女性にとってもおすすめできるのか?

40代の方にとってマッチングアプリとの向き合い方はとても難しい部分があります。

40代でも出会えるのか疑問に思っている方、そして40代で処女の場合にそういう事態になった時に困ってしまうと言う方がとても多いです。

今回は、二人の方にインタビューを行い、40代でマッチングアプリを利用してうまくいったかた、そして40代で処女を卒業した方のインタビューを執筆していきたいと思います。

おすすめ出会い系アプリTOP3
出会い系で日本最大級!
ワクワクする出会いをしたいないら1度は利用したいマッチングアプリ!
無料で出会えちゃう!?
無料で恋人もセフレも作れる優良マッチングアプリ!
サイバーエージェント運営で安心!
ご近所婚活・恋活に最適な2021年イチオシのマッチングアプリ!

40代シングルマザー由香さんの体験談

40代で離婚してシングルマザーになって、やっぱりまだまだ恋愛をしたいという気持ちがあり、ど んなマッチングアプリがあるのかたまに調べたりしていた。

某アプリは遊び人が多いやら、某アプ リはイケメンが多いやら…でも私みたいなバツイチ子持ちが通用するアプリはあるはのだろうか と色々調べていたら、「バツイチ、シンママ・シンパパが多い」、「離婚経験者でも気兼ねなく利用 できる」、「40代以上が多い」と、私にピッタリのマッチングアプリに辿り着いたのだ。それは『マリッ シュ』という再婚活応援アプリだった。

ここだ!と思った私は、恐る恐るながらも早速登録してみた。初めての事でプロフィール写真に顔 写真を載せるなど怖くて出来なかったが、目の部分だけ見せてあとは隠している写真を載せてみ たのだ。

プロフィールを作成している段階から足あとが付きはじめて、しばらくするといいね!が届き始めた。

殆どが年上の人で、いいね!のお返しをするほど気になる人はいなかったのでマッチングにはなかなか至らなかったが、はじめのうちはどんな人がいるのか見るだけで楽しかったのだ。

素敵な人にはやっぱりいいね数がケタ外れに多くて、逆に何でこの人にこんな多くのいいね数が つくんだろうと疑いたくなる人がいたりもした。

こんな私にもいいね!をくれる人がそれなりにいて、いいね!を貰うととりあえずお返しをしてマッチングする女性もいるようだが、私はこの人ならお付き合いをしてもいいなと思える人にしかいい ね!のお返しをしてマッチングする事はなかったのだ。

自分からいいね!を送る事はほぼなかったが、よっぽど外見が好みで、ある程度の条件を満たしている人に送ったりもしたが、たいがいはいいね!数が上位の人で、私みたいに目しか出していない写真の女は相手にはされなかったのだ。

少し慣れた頃に顔半分だけスタンプなどで隠して 多少は露出部分を増やしてみたりすると、またいいね!が増えたりと、だんだんコツがわかって きたりするのだ。

いいね!が増えると、いい人とマッチングする可能性も増えるので、少し慣れた頃には数人とやり取りをするようになっていた。

殆どがバツイチの人…というよりかは、私が初婚の人は対象外に していたのだ。

出来ればシンパパみたいに自分と同じ境遇の人か、子供と離れて暮らしているにしても子供のいる人が良かったのだ。

私がプロフィール文に書いていたのは、恋愛はしたいけれ ど子供を最優先に考えたいという事と、再婚は今のところ考えられないという事。

今は子供を最優先にしながらもお互いが相談したり支え合って、子供が巣立つ頃には一緒に居られる関係を今から築きませんかというものだった。

意外と同じような願望を抱く人がいるみたいで、私のプロフィール文に共感したのでいいね!しま したという人がちらほらいたのだ。

『マリッシュ』でなければ、そういう出会いはなかなか難しかった のではないかと思う。

どちらかと言えばシンパパよりも子供とは離れて暮らしているバツイチさんの方が私には向いていたのかもしれない。

バツイチさんは時間は沢山あるけど週末や長期休みは子供と会うから今は子供優先でいたい。

だけどいずれは将来に繋がる出会いを求めているという人が多い。ほとんどのシンパパは子供を1人で見ているため、同年代の人の子供はまだ小さくて、会うことすら難しくなるのだ。

ほとんどの人が真面目に恋活・婚活をしているが、たまにシングルマザーの不安や寂しさに付け込んで、都合のいい関係(体)目的で近寄って来る人もいる。

そういう人はやり取りの早い段階で下ネタを入れてきたり、体の関係に持ち込めるかどうかを探ってくるのでだいたいわかるのだが、 見極めるポイントととして後から気づいた事がある。

プロフィールの項目に特別プロフィールというまた別の項目があるのだが、そこに利用目的というのがあり、(結婚相手を見つけたい・結婚前提の恋人を見つけたい・恋人を見つけたい・まずは友達を増やしたい・いろいろ見つけたい)から選ぶのだが、ここでいろいろ見つけたいを選んでいる人はほぼ遊び目的だと私は思っている。

私が出会った体目的の人もいろいろ見つけたいを選んでいた。確かにシングルマザーでも面倒くさいしがらみなどを抜きにして、寂しさを紛らわせたい 女性もいるだろうから、お互いか合意していれば何の問題もないのだろう。

マッチングアプリで特に真面目に相手を探している人が多いアプリでは、やはりプロフィール文がかなり重要になるのではないかと思う。

ありきたりに趣味や得意なことをアピールするのではなく、自分自身の人柄が相手によくわかるようにアピールすると良いみたいだ。

私はわりと長々と現状や理想の恋愛、アプリの失敗談みたいなのを記載するタイプなのだが、それが良かったという人もかなりいたのだ。

人柄が伝わって 共感して貰えるみたいだ。これでもかっていうくらい長々と書いて、それでもいいね!をくれるよう な男性に遊び目的はめったにいないだろうという作戦でもある。

メッセージのやり取りだけで終わった人も多々いるが、はじめの段階で少しメッセージを交わしていざ写真交換をしたとたんにブロックしてきた人も何人かはいた。

何て失礼なヤツだとその時は 精神的ダメージをかなり食らうのだが、写真を見て気に入ってくれる人はそれ以上にいたから、 まぁ好みは人それぞれという事なのだか、いきなりブロックをしたヤツはいまだに腹が立ち、何とか仕返しをしてやりたいくらいである。

人の外見どうこう言うほど、お前もそんなイケてないぞと早 く教えてあげたいくらいだ。

まぁそんな失礼なヤツはどこにでもいると思うので気にしない事だ。

そんな失礼なヤツ以外とのやり取りでは、円満にお別れをした人も何人かはいた。ちゃんと話を出来る人に限ってだが、お互いの事を話しているうちに恋愛に対する理想や未来像が違っている 事がわかり、それをお互いに納得してここで終わりにしましょうと円満にお別れするのだ。

最後は ちゃんと相手に感謝してお互い頑張りましょうねと終わるのだ。

いい人だったのになと勿体ない気持ちでいっぱいになるのも仕方がない。 その中で1人印象に残る人がいたのだが、例え恋愛に対する理想や未来像が違っていても、本当に恋をしたい相手とはそんな事は関係なく、一歩踏み出すしか何も始まらないよと私を試して きた人だ。

その人はいいね!数がかなり多い人で、そんな人からいいね!がきて、ちょっと受かれてマッチングをしたのだが、案の定かなり慣れてる感じの人だった。

いつも通りお互いの事を伝え会い、 会えるとしたらどんな感じで会えるか聞かれた時に、子供がいるからあまり会えないと伝えると、やはり向こうのテンションが少し変わったのを感じたのだ。その人は更に質問を投げ掛けてきた。

月に1度しか会えないのなら、その時だけの欲求や寂しさを埋めるだけの「月いちの恋人」になる可能性があるよと。でもそんな事望んでないでしょ?と私にどうするか委ねてきたのだ。

要は割り切った関係でもいいの?という訳だが、私が求めているのはそれではなかったので、はっきり違うと伝えて おしまいにする事にした。

おしまいにすると決めたものの、お互いが別れ惜しんで長々と話は続いたのだが、私に一歩踏み出す勇気はなく、結局は気持ちよくお別れをしたのだ。

何人かと実際に会って付き合った事もあるが、会わずに終わった人も失礼なヤツを除いては、良い出会いだったと思っている。

実際会わなくても色々な人と出会い興味深い体験になったのだが、『マリッシュ』という場所は一度失敗した人達がもう一度幸せを掴もうと挑むには、とても良い場所だと実感している。

40代の 女性は自分で言うのもあれだが、正直めちゃくちゃモテるのでこれからまだまだ需要はあると自信が持てるのである。

実際に会ってどうなるかは、本人達の魅力しだいなのだが、まずは登録して色々な人と関わって 世界を広げてみるのも、大きな第一歩を踏み出すきっかけになるのだ。

マッチングアプリTinder(ティンダー)を利用して40歳で処女を卒業しました。

私は40歳でTinder(ティンダー)と言う世界最大級のマッチングアプリを利用して処女を卒業しました。

35歳くらいまでは恋愛にまったく興味がなく彼氏ができたこともありませんでした。

しかし30代後半になり周りに既婚者が増えてくると、自分はこのまま一生涯、天涯孤独なのかと寂しさと悲しさで、彼氏が欲しくなりました。

また自分でも驚いたのですが、35歳を超えてからいきなり性欲が出てきました。人間もやはり動物なので、本能的に子供を産めるリミットが近づいてきたために性欲が強くなったんだと思います。

35歳から本格的に出会い系のアプリに複数登録しました。合計10人ほどの男性に出会いました。

交際に発展し、キスまではするようになったのですが、なかなかセックスをしたいと思うほど好きな男性に巡り会えませんでした。

誰でもいいから早く処女を卒業してセックスをしてみたいと思う反面、ここまで処女でいたのだから適当な男性には捧げたくないと言う2つの思いが交差します。

アプリで出会いを探して5年間は、処女を卒業することはなかったです。

ついに40歳をなり、もう彼氏を作ることも結婚することも諦めた時期に、ふとTinder(ティンダー)のマッチングアプリを登録しました。

ここで初めて真剣に付き合いたいと思う男性に出会い処女を卒業しました。また相手の男性も40才で童貞でした。ゲームが趣味で、今まで女性と交際したことはあったけれどもセックスまではしなかったそうです。

彼に初めての処女を捧げようと思った理由は、出会ってすぐに真剣に結婚しようとプロポーズしてくれたからです。

今まで婚活を5年間してきた中で、初めて真剣に結婚しようと言われました。恋愛経験の少ない私は、その誠実な態度にとても好きになってしまいました。私が実は処女であることを打ち明けると、彼も童貞であることを教えてくれて、そこにも運命を感じました。

付き合いが進むと彼のアパートでデートをするようになりました。いよいよ彼の家に来たのだし、セックスをする時がきたのかなとワクワクしていたのですが、中々彼は私をベットに誘ってくれません。
彼は家に着くとオムライスとハンバーグを作ってくれて、一緒に対戦のゲームをしようと勧めて来ました。ゲームは楽しかったのですが、その日は何もなく終わりました。このようなお家デートを2ヶ月ほど繰り返して、やっと初めてベットに誘われてセックスをしました。

彼は子供を欲しがっていたのですが、結婚前には妊娠はしない方がいいということで、コンドームを用意してくれたのですが、うまくコンドームをつけることできずに3つほどダメにしてしまいました。処女を卒業するのはアッと言う前に終わりました。想像していたよりも痛く、まったく気持ちよくなかったのを覚えています。40歳までセックスをしたことがなかったので、妄想の中で、セックスはとても気持ちが良いものだと思っていました。しかし実際は気持ちよさを感じる前に、事が終わっていました。
しかし、彼と一緒にいると気持ちが安らぐし、好きな気持ちがあったので、とても心で満足しました。

マッチングアプリで、まさか処女を卒業するとは思っていませんでした。また、心から好きになり真剣に付き合いができる男性に出会えるとは思っていなかったので、とても嬉しいです。周りの同僚に、マッチングアプリで出会った男性と付き合っていることを話すと毎回驚かれます。しかし、結婚相談所にわざわざ高いお金を払ってお見合いをしたり、職場などで男性との出会いに期待するよりも、マッチングアプリの方が効率的に好きな男性を見つけることができるなと私は思いました。

マッチングアプリで怖い思いをしたTさんの体験談

2019年の11月頃から2020年の1月まで、『ロケチャ』というマッチングアプリを利用しておりました。

私はその頃「恋愛はしばらくいいわ」というスタンスでしたが、一人で寂しいのも事実なので共通の趣味を持った友人が欲しいと思い『ロケチャ』を利用しました。

実際『ロケチャ』の正式名称は『趣味友達と出会い・好きなモノと出会い-ロケチャ!』です。

私自身は41歳でしたので、変な誘いもないだろうと勇気を出して登録しました。

ですがログインしてみると、すぐさま男性からのエッチな誘いがたくさん届きました。
皆さん、私の年齢など見ていないのでしょうね。

そんなにやり取りをしていないのに「一度会おう」「連絡先を教えて」だとか、シンプルに「エッチしよう」というメッセージも複数見受けられました。

数打ちゃ当たるって感覚なのでしょう。

女性の登録者さんにメッセージを送ってみようかとも思いましたが、女性からは誰からもメッセージをいただけないのと、女性の方も男性同様に恋愛や遊び目的での登録なのかなと思うと気が引けてしまって送ることが出来ませんでした。

それでも、普通のメッセージのやり取りをしてくださる男性も複数人いらっしゃいました。
私は漫画やアニメ、ゲームなどが大好きで、それをプロフィールに載せていました。

それを見た方がおすすめのアニメや漫画を教えてくださったりして、そういった点では楽しかったです。

ある程度メッセージのやり取りを重ねると、『カカオトーク』なるものに誘われるようになりました。

『カカオトーク』とはLINEのようなメッセージアプリです。

私は全く知りませんでしたが、ロケチャ外で連絡を取ろうとする方々はだいたいこの『カカオトーク』を指定してきます。

顔が分からない分、平時利用しているLINEを教えるのは不安なのかもしれません。既婚者の方もたくさんいらっしゃいますしね。

私が『カカオトーク』で連絡を取るようになった方は数人いましたが、ここではある一人の方とのお話をしたいと思います。

仮に彼のことをAさんとします。

Aさんとメッセージのやり取りを続けいるうちに、メッセージはLINEに切り替わり、電話で話すこともありました。

Aさんへの私の感情は、恋愛感情ほどのものではありませんが興味を抱いておりました。一度、会ってみようかという話になり、初顔合わせで年明けに初詣に行くということとなりました。

すごく緊張したのを覚えています。

顔は写真で知っていましたし、全く好みの顔ではありませんでしたがそれでもやはりドキドキとしました。

会ってみての感想は「あまり好きじゃない」でした。
私は初詣に行くと必ずお守りを買いますし、絶対におみくじを引きます。
それぐらい当たり前なのですが、私がお守りを選んでいる時に他に人が並んでいないにも関わらずAさんは離れた場所で他所を見てぼんやりと待っていました。
邪魔にならないようにという配慮かもしれませんが。
おみくじは一緒に引いたのですが、私に付き合っているという雰囲気で楽しそうではありませんでした。
今後また何処かに出かけたとしても、興味のないことでも一緒に楽しんでみようと思ってもらえないのであれば、つまらないなと感じてしまい、すっかりAさんへの関心がなくなってしまいました。

きっとAさんもそうだろうと思っていたのですが、その後何故かAさんは私に執着するようになりました。

その後もデートに誘われたり、LINEメッセージの数が増えていきました。

私はもう会いたくなかったので、LINEをすぐに既読せず『ロケチャ』にログインしたりしていました。
そうするとすぐAさんからLINEが届いたりしていたので、私の動向を監視しているのだろうなと思っていました。

ある日『ロケチャ』にログインしていると、私と共通の趣味を持つBさんという方からメッセージが入りました。
彼も漫画が好きで、好きな漫画を数冊教えてくれました。
漫画の話が出来ると嬉しく感じたのですが、怪しいと思う気持ちもわき、警戒心を抱きました。
そしてそれは当たっていました。

メッセージのやり取り中、Bさんが急に会話をぶったぎって「僕はAだよ」というメッセージを送ってきました。
私がメッセージを見た瞬間、そのメッセージは削除されました。
うすうす感じていましたがBさんは実はAさんでした。
「怖いな」という感覚と「やっぱりな」という思いがありました。
Bさんのおすすめ漫画や、Bさんの文章の書き方がAさんに似ていましたから。

私はすぐに『ロケチャ』内のAさんとBさんのアカウントをブロックし、Aさんには「怖いんだけど」とLINEを送りました。
Aさんからは「すぐ削除したけど読んじゃった?」と返信が。
私は「怖いからもう連絡しないで」とメッセージを送り返信も待たずLINEをブロックしました。
その後、『ロケチャ』内に違うアカウントでログインしたAさんから「君が僕とのやり取りをしながらロケチャで他の男と連絡してるかと思うと嫉妬した」という旨の謝罪のメッセージが入り、私はますます気持ち悪くなって「今後、誰も信用できないわ」と思い『ロケチャ』を退会しました。
もう二度と、私がマッチングアプリを利用することはありません。

これが私のマッチングアプリでの体験談です。

まとめ

40代でもマッチングアプリで出会いを期待することが可能です。

そして、40代であっても処女を卒業できたりバツイチであっても出会いに恵まれている方もたくさんいらっしゃいます。

また、まだいい人に出会えていない人は別のマッチングアプリを利用することで、より良い出会いに恵まれるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です